ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おまつマウス到着!
2006年10月24日 (火) 04:18 * 編集
我が家からドンガちゃんが1ペア旅立ちました。

行き先は「おまつ家

そして、そのおまつ家よりトレード要員としてみなと家へ来たのが
omatu01

「エジプシャン・マウスブルーダー」のペアです。

もう「おまつ」と言えば「マウス」というくらい
彼の代名詞と言っても過言ではないお魚です。
自家ブリードされた個体の中から送って頂きました。
omatu02

メスが卵を口の中に咥えて守り、孵化するまで絶食して頑張る
卵を咥えたメスは顎が外れたような大きな口で少しコミカル。
絶食期間は20日を超えるほど。

ま、そんな変わった生態のお魚です。
「うちでも卵を咥えたメスが見てみたいっ!」
そんな欲求におまつさんが里子に出してくれました。

今はどっちがメスでどっちがオスか・・・・わかりません
でもおまつさんには見分けがつくのですねぇー
ペアといっても寄り添って泳いでいるわけでもなく
テリトリーを主張して攻撃していますがw
これから観察して楽しめそうです。
どうもありがとー!おまつさん!


そして今日は近所のホームセンターへ
zebra01

なぜかこんな所で出会ってしまったゼブラ・オトシンちゃん!
zebra02

このホームセンターのペットコーナーには
たまに「なんでここに!?」的な生体がいたりします。

病気の持ち込みが怖いので
入荷されてから数週間は様子を見て
元気なまま売れ残ってるとお連れします。

だいたいは誰かに買われてしまうんですけどね(笑)
ドンガのメス
2006年08月03日 (木) 15:42 * 編集
ドゥンガの若魚のメスの画像です。
donga01

本当に少しだけ色が出てきました。
donga02

あとちょっとしたらペアに分けようかなぁ・・
と、思ってたりします。

実はこの子達の親は他界してしまったのですが
その親ペアをショップからお連れする際に
そのショップの水槽で第一回目の繁殖が成功して
まだ小さい稚魚をショップに残しての持ち帰りだったのです。

うちでもすぐに繁殖行動をとり、今の稚魚(もう若魚)6匹が残ったのですが
こいつらの兄姉が存在するわけです。

で、その兄姉達はというと・・・
ショップで一足先に成長し(当たり前だけど)
オスメスの判別が出来る段階になってペア売りされてたりするわけですが
なんとみなとのお友達である「love fish」のpukuさんのお家に
2ペアプラス1匹。。。いたりするわけです。

流石にうちよりも1ヶ月早く生まれた子ですので
当然成熟度合いもpuku家のドゥンガの若魚の方が上です。
ちょうどいいタイミングでドゥンガの画像をUPしてくれたので
メスがいい色になってきている様子を見に行ってみて下さい。

日本におそらく数ペアしか入荷されなかった種ですので
ドゥンガの系統維持のためにも大切に育てたいのですが
こうしてお友達のお宅で2ペアも飼育していただけると心強いっす!


ドンガストーリー過去記事あんちょこ
2006年07月19日 (水) 05:55 * 編集
先日のドンガ稚魚。
ここのところ日に日に成長しているように感じます。
性別もどうやらオス3匹メス3匹にて決定!
背びれと尾びれの模様が出てようやく判りました。

さて、最近ここのブログに来てくれるようになった方には
「ドンガ」って??って感じだと思います。
なので過去記事を時系列で並べてみました。
上から順に読んでいただくと・・・
とても短い期間でみなとに感動を与えてくれた魚の事が・・・
少しは理解していただけるかな?と。

お迎え編
ショップで魅せられた美しい魚。
それは今思えばバリバリの婚姻色!
ペアのあまりの仲良しぶりに感動するお迎え編

美しさの片鱗編
この日は1枚だけメスの腹部の画像が。
なかなか全身を見せてくれないのがもどかしい。
ちょっとでも美しさの片鱗を感じて欲しい。

導入6日で編
まだ水槽に入れて数日。なのにこれはもしや!?
しかしそんな所じゃ・・・・

危険な姉歯物件編
産卵の習性も知らずにお迎えしたがための悲劇の幕開け
崩壊寸前の愛の巣は・・・・

新居へ・・・編
危険な物件は崩壊!
彼等に適した新居が登場!

緊急事態!編
せっかくの新居なのに別居?
いや・・・なんか!!

ここにも少し記事あり編
画像なしですが。様子を。

動画編
これまた暗くて見えない・・・
でも嬉しくて動画で伝えたい稚魚達の様子!

オスが病気編
オスの病状が悪化!
稚魚を慌てて掬い、避難!
残された夫婦に見た深い愛とは・・・

初めての朝編
愛する二匹に訪れる別れ
感動のラブストーリー!

稚魚の様子(ベビーBOX)編
これが4月27日かぁ・・・

メスのラストショット編
まさかこれが最後の一枚になろうとは・・・
この時は夢にも思っていなかった。

さよならドンガ編
バカな飼主が招く悲劇
メスの残した最後のメッセージとは。。。

稚魚の様子(5月22日)編
この時点で6匹になった稚魚。

稚魚成長編
6月16日の稚魚の様子。

ドンガ日記(稚魚編)性別判断
2006年07月17日 (月) 05:26 * 編集
ドンガ1

ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス・ドゥンガ
6匹の稚魚は元気一杯!食欲旺盛です。
最近になってようやくうっすらと色や模様が出てきました。

↓これはオスっぽい子
オスだと思う

オスは体が大きく、特に一番大きい個体は
産卵窟を独り占めせんと威嚇したりしている。

ボディはほぼ無地だけど、尾びれにスポット模様が多く入る。

↓これはメスっぽいかな
メスだと思う

メスは体に黒い縦縞が入り、腹部は白っぽく見える。
もう少しするとこの腹部はピンクから紫になってメスらしくなるはず。

オスメス風

6匹のうち、まだ性別が不明な個体もおり、何ペア出来るかはまだ未定。

とにかくこの魚は成熟して婚姻色が出るまでは地味ですねぇ
一体何の稚魚なのか・・・って感じです。
ただ、婚姻色が出ると惚れ惚れするような美魚に変身するんですよぉ~

出来ればこのF1個体で繁殖に挑戦して
F2個体で里子に出せたらなぁ・・・
と思っております。
ドンガ日記(稚魚成長編)
2006年06月16日 (金) 05:25 * 編集
ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス・ドンガ
現在稚魚は6匹が健在です。
どんが稚魚061601

まだ色は出ていませんが大きくなってきました。
背びれなどはペルヴィカっぽくなりましたねー
どんが稚魚061602

6匹のうち大きいのは4匹。↑上の画像は大きい子
↓下の画像は小さい子
どんが稚魚チビ

かなり成長に差がありますねぇ

餌は冷凍赤虫を食べられるようになりました。
あとはテトラ ディスカスなどの人工飼料も。
さらに「ディスカスハンバーグ」の袋の残りも大好きです。

両親が使っていた産卵窟を入れてみたんですが
大きな子がテリトリーにしたらしく他を追い払います。
どうやらそういった意識が芽生えてきたようです。
どんが稚魚061604

この親をペアで購入したショップでは
この子達の兄と姉達がようやく販売可能サイズになっています。
メスはお腹が綺麗に色付き「ペア売り」されています。
しかし、自分が買った時は「ドンガ」だったのに
今回は「ドゥンガ」に(笑)
ちょっと正式っぽさが醸し出されたww

うちの子達もあと1ヶ月くらいすれば・・・
色が出てオス、メスがはっきりするかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。