ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「初めての朝」 (ドンガ日記)
2006年04月21日 (金) 06:17 * 編集
ドンガのオス

遅く起きた木曜の午後
薬浴中のドンガのオスの症状に改善がみられない。
「待ってろよ。ショップに相談して新しい薬、買ってきてやるからな」

休みの日のショップ通いは楽しみの一つではあるが
今日は少し落ち着かない。

雨はすっかり上がっているものの外は風速20mの暴風で荒れていた。
焦る気持ちからか普段より飛ばしている自分がいる。

ポップアイ


「目、両目とも大きくなっちゃったね。 痛い?」
水槽の底で大きく荒い呼吸をするオスに寄り添ってメスが様子を伺う。

「いや、痛くはないけど・・・もう良く見えないかな」
「口の回りもタダれてきたね」
「ああ。ちょっと苦しいかな」

「ゴメンな・・」
「え?」
「そろそろもう一度子作りするつもりだったのに」
「大丈夫よ、治ってからにしましょ」
「お前の。。綺麗に染まった腹を見たかったのに・・目が見えないや」
「あは。今は染まってないわ」
「ああ。知ってるよ」
「見えないのに?」
「目なんか見えなくたって、水の動きでわかるさ」
「へぇ~!なんか凄いっ!」
メスは自分がヒレを震わせて起す水の僅かな動きさえもオスが感じとってくれているのが嬉しかった。

「ねぇ、私の事。。好きになってくれてありがとう」
「な、なんだよw突然に」
「どれくらい好き?」
「は?」
「私の事。どれくらい好き?」
「そりゃ凄いよぉー」
ヒレを広げたり、水槽の中を泳いで表現したいが・・動けない。
ワクワクして答えを待っているメスにオスが言った。
「この飛び出た目玉くらいっ!!」
「ぷっwそんなに好きなんだぁ(笑)」

苦しいだろうに、懸命に自分を笑わせようとするオスの事が愛しくて堪らなかった。

ペア

「私、貴方と一緒で良かった」
「あぁ。俺もだ」
「生まれたアフリカの河で人間に捕まった時も」
「何度も水槽や袋で旅した時も」
「うん」
「貴方がいなかったら辛いだけの日々だったと思うの」
「いつも貴方が傍にいてくれたから、どんな時でも楽しかったの」
「掘り過ぎて  巣が潰れた時も?」
「ええw どんな時も」

どれくらいの時間だろうか
他愛もない思い出話を楽しそうに語るメス。
オスは言葉少ないながら相槌を打つ。

「ねぇ、あの子達はまだ小さかったけど元気に暮らしているかしら」



「ねぇ・・・まだお話の途中なのに・・・」




「ねっ!私ねっ!」



もう、彼のヒレもエラも。。口も。。動く事なく静かに横たわっていた。

もうすぐ日が暮れるであろう頃になってようやく
飼主が新しい魚病薬や塩を手に玄関を開ける。

一番に向かった水槽には
まだ逝ったばかりであろうオスの亡骸に寄り添うメスの姿。

買ってきた薬をベッドに投げ置き
ヘタッと水槽の前の床に座り込んだ。

「ごめんな。間に合わなかった」
「助けてやれなかった」

これほど飼育魚の亡骸を取り出すのに心を痛めた事があっただろか・・
「悪いけど、彼を取り出すよ」
メスに侘びながら水槽に手を入れてオスを出す。

しばらくしてからも、まるで誰かを探すように水槽を泳ぐメス。

「ねっ!私ね! 例え何に生まれ変わっても貴方と一緒になるっ」

届かなかった最後の言葉を伝えようとしているかのように。



「私の事。どれくらい好き?」
「この飛び出た目玉くらいっ!!」

恐らく独りぼっちで迎えた「初めての朝」

この話の魚の会話部分は勿論フィクションですが
少なめに与えたにも関わらず
何故か大好きな赤虫を半分だけ残したままの
タエニアートゥス・ドンガのメスは実在します。

     「ドンガ日記」完
スポンサーサイト
Comment
・れす
sachipokさん>
しばらく見てない間にこんな事にしてしまって
毎日メスに謝っております

はこちゅさん>
この種はペアが一夫一婦を貫くっぽいですねー
海水の世界にもいるのかな?そんな魚・・
いたら飼ってみると楽しいですよぉー

モリーさん>
魚なんて単純に交尾して子供を殖やすもんだと思っていたら。。。
この魚はオスメス入れてりゃペアになるってもんでもないみたい。
ちゃんと相性があるんですよねぇ
2006/04/24(月) 03:38:02 * URL * みなと [編集]
・あぁぁ。。。
読んでてかなりぐわぁーっときました。
つれあいに先立たれて、♀トンガさんは悲しいでしょうね…。
魚には疎い私は、お魚って感情あるのかなぁ…とか思ったりしてたんですが、そんなことないですね。
赤虫を半分残しちゃったり、前日の日記にあった近寄らせないように威嚇する♂トンガさんの話を読んで思いました。
♀トンガさんや子ども達がすくすく育ってくれるとよいですね。
2006/04/24(月) 03:14:49 * URL * モリー [編集]
・安らかに・・・
パパさん、天国へ行ってしまったんですね・・。
ずっとメスと子供を守っていきたかったろうに、無念でしょうね・・。
この種は他でもこんなに仲が良いものなんでしょうか?絶対、来世でも一緒になって欲しいです。
2006/04/24(月) 00:58:07 * URL * はこちゅ [編集]
・そんな・・・
久々に遊びに来たら、愕然・・・なんとも切ない。
最近ドンガ夫妻の仲良し振りを見るのを楽しみにしていたので、本当に残念です。
みなとさん、元気出してくださいね~。
2006/04/22(土) 21:46:30 * URL * sachipok [編集]
・れす
JITOさん>
この画像は前日の物ですので、もうちと進行してました。
でも、亡骸は綺麗でしたよー

むーちょさん>
仲良しぶりが半端なかったので・・残念です。
一人で水槽にいるので余計に寂しそうっす。

s-nobさん>
いやぁ、自分もこのペアにはシクリッドの魅力を教えてもらいました。
ペアの愛情の深さも知れて勉強になったっす。

おまつさん>
本当、逝ったばかりの体でした。
出掛ける前はまだ大丈夫そうだったんですけどねぇ
発見も薬もあと数日早ければ。。と悔やまれます。

keiさん>
そういえば最近会話バージョンは少ないんですよねー
妄想族なので走り出すと止まらないのでw

金魚マスターさん>
あははwこれ以上長いと誰もついてきてくれませんw
これでも「よく読んでくれるなぁw」と感心しちょります。

ワルモノさん>
あっはwそこまで予想してますかw
第二章。。。あるのでしょうか??

うまごやさん>
わざわざありがとうございます!
どうやら内臓疾患からのポップアイみたいです。
それなのにアカムシを与えてしまった事が悔やまれます。

pukuさん>
残された稚魚を育てるのも不安一杯っす。
はたして大きくなってくれるんだろうか?
オスだろうか?メスだろうか??
って(笑)

golbiさん>
本当、こんなメロドラマが似合ってしまうほどの
仲良しだったのですよぉー
未亡人にはしたくなかったっす

screwdriver-IIIさん>
あははw煙草の煙(笑)
かっちょえー言い方っす
みなとなら「PSBが目に入っただけだいっ」です

けんこさん>
もう、メス1匹ってのは寂しそうで辛いです。
丁度繁殖期でしたからねぇ
オスだけが残されたシクリッドは多いんですけどねw
そっちはそれほど可哀相じゃないんですよねぇ

更紗さん>
はい。お魚は多分そんな話してましたw
なんか更紗さんのところみたいになっちゃったねー

ほたさん>
今回のは悲しいストーリーになってしまいましたねぇ
次回は笑えるネタでいきたいっす。

omikeさん>
この種は日本に数ペアしかいないので・・
お婿さんはまず不可能。
ショップで残した稚魚かうちの稚魚。。。
それが大きくなるまでは無理っすねぇ

セクターさん>
そうそう!その絶望感と虚無感!
そう言えばもっと簡潔でしたねw
なんだか長くなってしまいました(笑)
あと数日早く休みがくれば・・・
休みにしかショップに行けなかったのが敗因かな
お薬は封も開けずに。。。っす。
2006/04/22(土) 04:53:57 * URL * みなと [編集]
・(;_;)
涙出ました。人事とは思えず…
ブログ上多少脚色しているとはいえ、
書かれているみなとさんご自身はとても辛かった事と思います。
薬を買って来て間に合わなかった時の絶望感、
可愛がっていた子が逝ってしまった時の虚無感、
すごくよく解ります。
私も同じ経験ありますので…
せめて子供達は無事大きくなって欲しいものです。
みなとさん・ドンガ奥さんも元気出して下さいね。
合掌。
2006/04/22(土) 00:11:16 * URL * セクター [編集]
・・・・・(-_-)
ご冥福をお祈りします。可哀想ですが、仕方な
いと割り切るしかないですね。幸い、子孫も残し
てくれたし。奥様に新しい旦那さんが見つかると
良いんですが(^^;)
2006/04/22(土) 00:03:27 * URL * omike [編集]
飼い主の中で補完した物語でも、しんみりしますね。
今度は是非明るい話題でのストーリーものもやってみてくださいな。
亡くなったオスのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2006/04/21(金) 23:04:25 * URL * ほた [編集]
・(ノ_`。)。・゜。
ドンガくん、どうぞ安らかに。。。

フィクションとはいえ本当にそんなお話してたんでしょうねぇ。
灼熱と生命の国からはるばるやってきて可愛い奥さんと
たくさんの子供達に恵まれて・・・

みなとさん、それにドンガ奥さん、
彼はたとえ短くても幸せな生涯だったんですよ。
きっといつも見守ってくれてるはずだから
辛いけど早く元気になってくださいね。
2006/04/21(金) 22:13:23 * URL * 更紗 [編集]
・。・゚・(ノД`)・゚・。
最近、年のせいか涙もろくなっていけません。

ドンガ♂、残念でしたね。
寂しそうにしているという♀の様子に、心が痛みます。
賢い魚だけに、代わりの♂を買ってきてやればいいという訳にもいきませんし…

忘れ形見となってしまった稚魚たちが、無事に成魚になってくれるようお祈りします。

頑張れみなとさん!ドンガ♀&稚魚!
2006/04/21(金) 20:15:16 * URL * けんこ [編集]
・残念ながら・・・
奇跡はおきませんでしたね・・・
最後まで読み進んでアカムシを半分残している
メスの気持ちを考えた瞬間、タバコの煙が目に
しみましたよ~、、、

つらい報告だったと思いますが、元気だして
下さいね。
2006/04/21(金) 19:01:27 * URL * screwdriver-III [編集]
・そうでしたか・・・
ドンガ君、残念でしたね。
ドンガちゃん&ドンガベビーの方は、
ちゃんと赤虫食べて強く、元気に生きて欲しいです!

ドンガの夫婦の絆が感じられる、感動のお話
ありがとうございました。
みなとさんの思いも伝わってきましたよ~
ドンガベビーの成長を楽しみにしてますね。
2006/04/21(金) 15:52:03 * URL * golbi [編集]
・ご冥福を・・・。
ドンガちゃん残念でした…涙…
みなとさんの心の叫びと祈りがノンフィクションと思える感じで伝わってきました。
せめて♀&残された子たちが今後元気に育ってくれると良いですね!!
2006/04/21(金) 13:48:45 * URL * puku [編集]
・ご冥福をお祈りいたします
途中まで読んで、「こりゃあ何とかせねば」と思い奥義「うまごやノート」を開きました。
幸いポップアイに関してはかなり調べておりましたが、決定的な治療法というのは。
私ごときがアドバイスできるようなことは無いとは思いますが。
しかし、読んでいるうちに・・・残念です。
この手の話は他人事とは思えず無念です。
感染力も強い病気ですのでドンガ婦人や同居していた方々に感染していない事とご冥福をお祈りいたいします。
2006/04/21(金) 12:33:25 * URL * ドクターうまごや [編集]
・ん~すごい・・・
けど、笑っていいのやら、泣いていいのやら(笑)
いあしかし、ほどよい脚色のメロドラマっすね。
じっさい♀は寂しいんだろなあ。

んで、第二章を予想してみたんだけど、
なんか禁断の恋物語になってしまう予感がすこし・・(笑)

トンガくんのご冥福をお祈りします。
喪があけたら、強く生きてね、♀ちゃん。
2006/04/21(金) 10:20:38 * URL * ワルモノ [編集]
・・・・
自分のところで産まれた子は、ある程度経歴がわかるので対処の使用もあるでしょうが、そよ~はるばる来た子はどうしても負担が掛かってしまっているんですよね

仕方がないと思っても・・・

小説書きますか・・・今後!
2006/04/21(金) 09:57:03 * URL * 金魚マスター [編集]
・(ノ_<。)
パパは天国へ旅立ってしまったのですね
残念です。。。
その分まで子供たちが元気に育ってくれるように願ってます

そういえば一番最初にここへお邪魔したときもコリたちの会話に惹かれたのがきっかけでした
思わずみなとさんの世界に引き込まれてしまうんですよね~
2006/04/21(金) 09:35:23 * URL * kei [編集]
・ああ...
ダメでしたか...
ショップに走って、帰って来たら...間に合わなかったみなとさんのお気持ち...すごくわかります。
とにかく残念ですね。
不謹慎かも知れませんが、メスに感染しなかったことは幸いだと思います。
2006/04/21(金) 09:28:25 * URL * おまつ [編集]
どーも、s-nobです。
とっても残念な結果になってしまいましたが、みなとさんの「トンガ」にはシクリッドの魅力を教えて頂きました。
いや、それ以上にもっと色々と教わった気もします。
私からも心からのお礼を、「ありがとうございました」
2006/04/21(金) 08:16:18 * URL * s-nob [編集]
・(T^T)
読んでいる途中からだんだんいやな予感がしてきていたのですが、泣きそうになりました。
残念でしたね・・・。
残された子が早く元気をとりもどしてくれることを祈るばかりです。赤虫ちゃんと食べるんだよ~
2006/04/21(金) 08:11:06 * URL * むーちょ [編集]
・愛の賛歌
合掌!

なんとも言えませんネ。
アップを見る限りでは、まだ生けそうかなと思えたのですが、やはり、以前に掛かっていたことによる影響があったのでしょうか。(2度目の罹患はキツイ)
残された、家族を大事に見守って。。。。。。グスン。
残された遺児の成長を楽しみにさせて頂きます。
2006/04/21(金) 06:53:02 * URL * JITO [編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。