ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オスカーのススメ
2007年08月17日 (金) 06:23 * 編集
近所のホームセンターで4cm弱の幼魚のオスカー
レッドオスカー&タイガーオスカーを買ったんだ。
いきなりワイルドの高価なオスカーは冒険過ぎたし
練習のつもりもあったと思う。
1匹399円。
2匹のオスカー

水合わせして水槽に泳がせて放置。
数時間して見てみると滅茶苦茶活発に飛び跳ねていたり
とにかく暴れてた。
「へぇー、オスカーってこんなに水面に飛び跳ねるんだぁ・・」
そう思って眺めていたら。。。
今度は木の葉のようにヘロヘロと水底に落ちていく?

で、その時初めて魚の状態が「異常」だと気付いた。
水温は45度。水面から湯気が出ている。

ご想像の通り、サーモスタット必須のヒーターを直接入れていた。

慌ててお湯を大量に抜き、冷水で水温を下げた。
煮魚

そんな痛い思いをさせてしまったオスカーだけど
↑このレッドオスカーは「煮魚」なんて名前になってしまったけど
今は20cmを越えて元気に育っています。
改良品種の「レッド」と「タイガー」なのですけど
399円だったからか、煮たからか
レッドというよりオレンジとか金色に近いし
タイガーも赤い部分が少ない・・・
ま、ヘボヘボなグレードですけどね。

↓こちらはタイガーオスカー
タイガー01

タイガーは体も小さく、レッドにいじめられてボロボロになった時期もある。
その時は別々に飼育し、タイガーにだけ大量に餌を与え
体長も体幅もレッド以上に成長させてから再度一緒の水槽に入れた。
タイガー02

一回り大きくなったタイガーではあったが
一緒にするとどうしてもレッド(煮魚)の方が貪欲に餌を奪い
現在は再度大きさが逆転。煮魚の方が大きい。
ドアップタイガー

それでも以前のようなイジメはなく
2匹はとても仲良く泳いでいる。
寝ている時も、泳いでいる時も
常に体やヒレの一部が相手に接しているように触れ合っている。
実は仲良し

やはり自分は「仲良し」な魚が大好きなのだと思う。

オスカーという魚は「ペットフィッシュ」として魅力ある種だと思う。
泳ぎがゆったりしていて和む。
餌も見分けておねだりする。
手から餌も食べる。
水換えを理解している。
フィッシュレットのエアチューブを咥えて本体を移動させる。

ってか飼い主を理解して、割と全面的に信頼している。
頭が良く、丈夫で飼い易い。

成長すると30cmクラスのお魚なので
飼育スペースによって飼える、飼えないもあるけど
とてもお勧めの魚なのです。

スポンサーサイト
フグ達
2007年08月12日 (日) 03:58 * 編集
お久しぶりです。
パソコンが壊れて数ヶ月・・・・
沖縄旅行など、別の楽しい事に集中し
パソコン購入は後回しとなっておりましたが
この度ようやくパソコン買ったりしてネット復活です。

再開第一弾は「フグ」

うちにはフグが4匹おります。
まずは「テトラオドン・アベイ」の小さい方
ちびアベイ01

「ちびアベイ君」です。
ちびアベイ02

うちで飼っているのは全て「淡水フグ」という
普通の淡水で飼育出来る種ばかりです。
(トパーズは汽水みたい。若干の塩分が必要)

↓こちらはもう1匹の「でかアベイ君」です。
でかアベイ01

フグの仲間は気性が荒く、混泳も難しい場合があるのですが
この「テトラオドン・アベイ」は何故か温和でして
うちではディスカスやオスカーなどとも混泳に成功しています。
っていうか、とても寂しがりやさんな気がします。

この度、どうせならアベイ2匹を一緒にしてみよう!と
大きさにはかなり差があるのですが一緒にしてみました。
なかよしアベイ

お互い、威嚇する事もなく、大きい方が小さい方をイジメる事もなし。
ヒレを齧ることなく仲良くしております。

このフグはメジャーな種類ではないのですが
ショップによってはたまに入荷しています。
メコンフグの仲間で、とてもよく人馴れして可愛いし
水質にもうるさくない。
みなと的に超お勧めのフグだったりします。

↓こちらはインド・トパーズ・パファー?
えめ01

インドエメラルド・パファーだと思って飼っていたのですが
トパーズ・パファーでした。
「マミズフグ」とも呼ばれるのですが・・・
実は汽水フグみたいです。
長期飼育には塩分が必要。

幼魚で3匹お連れしたんですが、2匹は飛び出してしまい
今は1匹だけでの飼育です。
このフグも複数飼育が可能な淡水フグです。
写真では黄色い模様に見えるかもですが
とても綺麗なエメラルド色だったりするんです。
えめ02

アベイよりも物音や人の動きに敏感で
水槽内で暴れてしまう事もありますが・・・
驚かしさえしなければ、餌の催促をしたり可愛いもんです。
機嫌が悪いと白いはずのお腹が黒くなるので判り易い子です。

↓最後は「毛フグ」の「テトラオドン・バイレイ」です。
ばいれいクン

生餌を好む、という事で、当初は小赤などを与えていましたが
現在は十分に人馴れし、水槽をコンコンと叩くと
クリルを貰いに急いで近寄ってきます。
指から直接クリルも食べる良い子になりました。
自分で食事の適量が判るらしく
クリル大なら2個で満足して定位置に戻っていきます。
また、それほど空腹でない時には水槽をコンコンしても
目だけ動かして近寄っては来ません。
とても意思のはっきりしたフグです。
なんか「大人」です(笑)

元来、物陰であまり動かず、近寄ってきた小型魚を瞬時に捕食する
そのための「毛」フグなんだとは思うんですけどね
人馴れしてくれると可愛さ倍増なんですよねぇ

ペットフィッシュとして、フグってとても魅力的なお魚ですよぉ
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。