ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おまつマウス 産卵!
2006年10月29日 (日) 09:30 * 編集
おまつさんより戴いたマウスちゃん用の水槽に
↓こんなニセ流木をセッティングしました。
にせ流木

すると、この真下の南国砂を凹状に窪地(巣)を作るオス
↓これがオスです。(ちょっと綺麗になりました)
オス マウス

普段はメスを追い回し、メスは避難しているのですけど
数日前から巣に迎え入れてたりして。。。。

で、本日・・・餌の赤虫を投入したんですけど
メスが食べないのですよ。
ん?どうしたの??
って、よーく見ると
メス マウス 初咥卵

どうやら卵を口の中に咥えているようです。
初産卵でそれほど卵は多くないらしく
まだ「迫力ある不細工顔」にはほど遠いっすけどね

メスの絶食が始まりました。

いやぁ~
マウスブルードを初めて見れて幸せ♪
初産だから失敗するかもしれないけど、頑張れ!おまつマウス!

スポンサーサイト
頭がデカイっ
2006年10月27日 (金) 01:08 * 編集
先日お連れした「ゼブラ・オトシン」君。
とりあえず元気に餌など食べてくれています。
食べているのは「SOU」です。
ebitaさんの作ったエビ用の餌だけど、オトシン達にも人気!
食べてるのはSOU

コケ取りしなくていいからね! と優遇されているのがうちのオトシン達っす。


さて、今日は「ナマズ」ちゃん!
なまず01

可愛い顔してたので先週目をつけていた子です。
変顔

目の位置が「クジラ」みたいで「変顔」です。
クジラ似だけど「イルカ」という名前がついていたり・・・・
ビッグヘッドなんよ

頭がデカイので「ビックヘッド」と名前についていたり
模様が豹柄っていうか「レオパード」ってついていたり
で、ナマズだから「キャット」と締めくくったり。

それらを色々と混ぜて並べた名前が
「ビッグヘッド・レオパード・ドルフィンキャット」!!
直訳すると
「大きな頭の豹柄のイルカっぽいナマズ」
口もデカイんよ

ビッグヘッドなのでお口も大きい!
大きい口のナマズってナマズらしくて素敵♪

店員さんに
「こいつ、餌は何やってんの?」
「小赤っすね」
「へっ!?そんな大きな魚食べちゃうの?まだ小さいのに!」
「ええ。平気で食べます」
「キャット(ひかりクレストの餌)は食べる?」
「いや、試したことないですけど・・慣らせば食べるかと」
「ふーん。。。じゃ小赤も20匹ちょうだい」
「わかりましたー」
「あ、あとネオンテトラも50匹」

そんなこんなで餌とはいえ・・・
「初金魚!」「初ネオンテトラ!」

ポリプテルス4匹のうち
エンドリケリィとデルヘジィは小赤を食べられるサイズになっているし・・
と、試しに買ってみました。

水合わせ前のドルフィンキャットにも1匹試しに入れてみると・・
3.5cmはあるであろう小赤を軽く一飲みでした。
小赤in

↑もうお腹の中です。
(最初の画像と比較下さい)

ネオンテトラは「リーフフィッシュ」用です。
ヒメダカでも良いのですが・・・
どうもコリ水槽にヒメダカがワラワラしていると似合わないっていうか
多少は華やかな「餌に見えない」雰囲気が欲しかったから。

実験的に他の水槽にもネオン(Sサイズ)を入れてみましたが
「ハゼ、タティア水槽」→食べられてしまう
「60混泳水槽」→エンゼルが食べてしまう
「おまつマウス水槽」→マウスが食べてしまう
「ドンガ水槽」→大丈夫
「60コリ水槽」→もちろんリーフフィッシュが食べる
「ペルマト水槽」→大丈夫
「イモリ水槽」→水温的に無理なので却下
「ウーパー水槽」→水温激低なので却下
「カエルプラケ」→入れてないけど入れたら食べるに決まってる
「ポリプ水槽」→おやつにもならないので却下
「ディスカス水槽」→多分食べちゃうかも(産卵中にて却下)
「エビ水槽」→入れないよーん
「フグ水槽」→間違いなく食べる。勿体ないから却下
「ベタ水槽」→食べてはいないが激しく追い回している
「グッピー水槽」→稚魚がいるので入れない。

そんな感じです。
安心してネオンを飼える水槽は2つしかない事が判明しました(笑)
おまつマウス到着!
2006年10月24日 (火) 04:18 * 編集
我が家からドンガちゃんが1ペア旅立ちました。

行き先は「おまつ家

そして、そのおまつ家よりトレード要員としてみなと家へ来たのが
omatu01

「エジプシャン・マウスブルーダー」のペアです。

もう「おまつ」と言えば「マウス」というくらい
彼の代名詞と言っても過言ではないお魚です。
自家ブリードされた個体の中から送って頂きました。
omatu02

メスが卵を口の中に咥えて守り、孵化するまで絶食して頑張る
卵を咥えたメスは顎が外れたような大きな口で少しコミカル。
絶食期間は20日を超えるほど。

ま、そんな変わった生態のお魚です。
「うちでも卵を咥えたメスが見てみたいっ!」
そんな欲求におまつさんが里子に出してくれました。

今はどっちがメスでどっちがオスか・・・・わかりません
でもおまつさんには見分けがつくのですねぇー
ペアといっても寄り添って泳いでいるわけでもなく
テリトリーを主張して攻撃していますがw
これから観察して楽しめそうです。
どうもありがとー!おまつさん!


そして今日は近所のホームセンターへ
zebra01

なぜかこんな所で出会ってしまったゼブラ・オトシンちゃん!
zebra02

このホームセンターのペットコーナーには
たまに「なんでここに!?」的な生体がいたりします。

病気の持ち込みが怖いので
入荷されてから数週間は様子を見て
元気なまま売れ残ってるとお連れします。

だいたいは誰かに買われてしまうんですけどね(笑)
ディスカス専用水槽完成
2006年10月19日 (木) 05:13 * 編集
先日オークションで落とした水槽を設置しました。
45キューブ

45cmのアクリルキューブ水槽はディスカスのペア1組を単独で飼育です。
キューブの水量は80リットル
濾過はエーハイムの2026にダブルブリラントフィルター直結。
心配されていた水流の強さ(洗濯機になる恐れあり)も
スポンジフィルターを直結しているおかげで
流量最大(流量調節機能がある)でも非常に緩やかに収まっている。
エアレーションも兼ねて投げ込み式も一つ投入。
ヒーターは250wで現在29度に設定。

水流テストにプラティの稚魚を入れてみたところ
流される事もなく快適に泳ぎ回っていたので安心。
90cmポリプテルス&ディスカス水槽より綺麗な方のペアを引越しさせました。

今回、水槽の置き場所がテレビの真横という悪条件なため
前面以外の3面を黒いバックスクリーンでコの字型に覆っています。
またライトが1灯だけなので非常に暗いっす。

肝心のディスカスは高さも奥行きも余裕があるため
今まで水平方向の動きしか見せなかったのに
今回は垂直方向にもペアでシンクロなダンスを見せてくれたり
違った一面も楽しませてくれています。
やはり魚のためには水深も必要なんだなぁ・・と反省。
水槽サイズによって泳ぎが変わるのは新鮮でいいですね。

産卵筒はこちらから見えない場所にも産めるようにしてあります。
なので卵の色や様子は観察出来ないでしょうけど
二人の世界を満喫して欲しいものです。


さて、こちらはグッピー
フルレッド・スピアーテールの若魚です。
グッピ

ようやく色が出てきたのはオス。
一期生3匹のうちオス1メス2という結果でした。

二期生はベビーBOXにて育成中。
ぐっぴ稚魚

ようやくメス親も30匹前後の稚魚を産める体型になってきました。
(前回は3匹から6匹程度しか産まなかった)
スピアーテールの子供はスピアーテールなのか??
それを確かめたくってねw二期生が育つ頃には解るかな。
葉っぱ
2006年10月16日 (月) 05:38 * 編集
アクアライフの11月号を買ったとです。
今回はスネークヘッドの特集ということで決めたとです。
で、フィッシュマガジンと楽しい熱帯魚はこの時点で落選です。
が、
なんと今回の「楽しい熱帯魚11月号」には
レッドビーの我が師匠、kaguyaの兄貴のエビがぁ!
クリオンのミクロハウスの広告のモデルに!
個人ブリーダーの飼育個体がモデルになるなんて!
ってことで記念に購入っす。
が、
なんと今回の「フィッシュマガジン11月号」には
ブログ友達の「namazu555さん」の投稿した写真がぁ!!
しかもバリバリ本名で掲載されているなんて!!
って事で記念に購入っす。

さて、先週ショップでお連れしたのは
フネアマ貝

フネアマガイという貝です。
優秀なコケ取り能力とガラスについたら離れない力強さ
そして汽水域の貝なので淡水水槽では殖えないので困らないという
とてもオススメされまくっていた貝。
ようやく今回5匹の導入です。

↓こんな新製品の小型ヒーターも買ってみた
ヒーター

26度固定の、カバー付きの超小型ヒーターだっ!!(大袈裟)

↓お魚もお連れしたよ
リーフフィッシュ

ワルモノさんのブログで紹介されていた「アフリカン・リーフフィッシュ」
それに憧れてお連れしたんだけどただの「リーフフィッシュ」だったorz
ちょっと性格が違うみたい。。。
happa

水槽の中を葉っぱのように漂っているんだけど
水流は嫌いみたいでシャワーパイプの水流が途切れた場所に浮いている。
死にそうなんだか、元気なんだか。。。
底モノで動かないのは多いけど
中層や上層でこうして動かないのは初めてかも。
魚食性が強くて、擬態(葉っぱに)して待ち伏せするのが習性らしい。
おちょぼ口に見えるけど、実際は口がガバッと開くと結構デカイ。
ヒメダカ程度の小型魚なら丸呑み出来る。
冷凍赤虫で餌付けしたいけど、興味がないみたい。

人を怖がらず、見える所にいてくれるのが魅力かなw

教えて!ybkjさん
2006年10月13日 (金) 07:56 * 編集
先週お連れした並オトシンちゃん
並オトちゃん

水槽でちゃんと色が出てきたら普通になったよ。
(ネグロも普通になった)
でも、並オトシンにも色々と種類があるようで・・・
ybkjさんに教えていただければと!

さて、こちらは昨日お迎えした「ロリカリア」ちゃん
ロリカリア01

ybkjさんの記事で見た「リネロリカリア・アイガンマナイ」に似てる?
ロリカリア02

最近ショップでロリカリアやファロウェラを探してるんですけど
探してるといないんだよねぇ~
ロリカリア03

結局近所のホームセンターで半年以上売れ残ってた子をお連れしてみたっす。
この手のお魚には無知でして、リネロリカリアって??って感じだったけど
最近、少しずつ覚えていきたいなぁーと。
そのためには飼ってみないと覚えないもんでして
たった1匹ですけど拉致してきました。
ろりかりあ4

↑水槽にて。

ロリカリアの次は「ファロウェラ」も挑戦したいけど
欲しい時には売ってないのよね。
繁殖の様子や稚魚の美しさに最近目覚めてきたんですけどね(笑)

ってことでybkjさん!
この2匹の名前を教えて下さ~い
マイフェイバリット
2006年10月13日 (金) 00:52 * 編集
いやぁ~
ここ1週間くらいは忙しかったぁ!!
え?仕事? 違う違うっ!!
夜中にジャックと一緒にさぁ、アメリカを核ミサイルやテロから救うために
毎日毎日戦ってたわけよ!

でさ、ようやくテロリストを始末したと思ったら
今度はコミックにハマってたの。
のだめカンタービレ

「のだめカンタービレ」ね。
今度の月9ドラマの原作コミックだから知ってる人も多いかな
これね、コミック超オススメ!!
クラッシック音楽。。。音大やオーケストラの話なんだけどさ
もうね、クラッシックのCD買って聴きたくなる(笑)
ってか、そっち系の音楽にあまり知識がなくても楽しめるわ。

で、クラッシックのCDを買うのか?俺は
と思ったら・・・・
買ったのはこれ
moumoon

「moumoon」のデビューミニアルバムね。
久しぶりにお気に入り!な子が出てきて嬉しいよん!
これから売れてくると思うけど、よろしくね!(ナニヲ?

そんなこんなで
アクアとは縁遠いところで忙しかったのですけど
ディスカスの優良ペアを「単独で繁殖水槽へ!!計画」
が水面下で進行してました。
(今回水槽がコケで覆われているのでディスカス撮影不可)
エーハプロⅡ

↑じゃーん!「外部ふぃるたぁー」(ドラえもん風)
しかも全然プロじゃないけど「プロフェッショナルⅡ」!!

↓「水槽台と水槽の一部ぅ~」
水槽と水槽台

欲しかったのは45cmキューブ水槽。
そして水槽台。
丁度オークションでお手頃なのが出てたので落札ぅ~

45cmアクリル水槽(みなと初アクリル)
軽いね!ガラスとは大違いだよ

この水槽はオーバーフローにも出来るように
水槽台は専用の穴が開いてたり
濾過槽もついてる。
なのでいつかは3重管つけてオーバーフローにします。

でも、エーハのプロもオマケでついてきたから
しばらくはエーハで回します。
リング濾材、エーハダブルタップ×2
ガラス蓋、ライト、海水用プロテインスキマーなどなど
全てセットでお買い得♪
しかも自宅までお届けしてくれて助かりました。

置く場所がなくて
テレビのすぐ隣に置かざるを得ないため
明日バックスリーンを3面貼ってみます。

さてさて。。。肝心のディスカス達ですが・・・・
もう待ち切れずに本日2ペアが同時に産卵合戦!
両ペアとも各々の産卵筒に飼主には見えない裏側に産んでます。
産卵しなければ水換えする予定だったのにぃ!!
キラキラなカラシン
2006年10月06日 (金) 05:17 * 編集
えっとー
冒頭はアクア関係ない「なおさん」への個人的証拠写真
mayo

岡本真夜「Smile」1997年
懐かしいCDを棚から下ろしてしまったよ。

さて、今日ショップで見つけたのがカラシン!
ゴールデンテトラ

「ゴールデン・テトラ」です。
いや、かなーり前から残っていた古株ちゃんなんですけどね
かなり大きく育っているのに金色が濃くて渋かったので2匹ね。
もう1匹の方が色が濃くてゴージャス。

あと、先日お連れして紹介した「ロンボケ」を追加しました。
混泳水槽に避難させた1匹(1匹はハゼの襲撃に)
なかなかお行儀が良くて他魚との相性も良いので
こりゃお友達を追加してあげなきゃ!ってことで3匹ね。

あとはワイルドのネグロの入荷魚の中からオレンジ色した子を1匹
ネグロっちん

30匹の中で唯一色が薄かったのでお連れしたんだけど・・・
うちの水槽に入れたら普通のネグロ色になったよ(笑)

↓これは並オトシンからちょっと雰囲気の違う子を抜いてみた。
オトシン混じり

ま、これも色が抜けてるだけって感じだけど
こうしてちょっとでも変わってたら抜いてみると楽しいね。
オトシン系の水槽は1匹ずつ観察しながら見ています。

↓ドンガ稚魚
ドンガの様子

ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス・ドンガ
うちで繁殖した稚魚は6匹が残りまして
オス3匹、メス3匹だったので3ペアにして3つの水槽に別けました。
体の大きさで適当に分けたのですが・・・
はたしてこれから「ドンガストーリー 第二章」始まるのでしょうか?

水換えによる攻防
2006年10月03日 (火) 04:41 * 編集
ディスカスやポリプテルスが混泳している90cm水槽
うちにいるディスカスは先日2匹追加して4匹。

水槽向かって右側にある産卵筒をテリトリーにしていたのが古いペア。
度々この産卵筒に卵を産み付けている。

新しいペアのテリトリーは水槽の左側。
排水パイプやフィッシュレットがある側である。

新しいペアが産卵筒に近づこうとしても、水槽中央で威嚇し
頑なに産卵筒を死守してきた古いペア。
が、このバランスが崩れる時があるのです。
そう 「水換え」。

水換えの時、臆病なディスカスは産卵筒の後ろ側で4匹が固まって避難します。
この時ばかりは新しいペアを仕方なく迎え入れ
「い、今だけなんだからねっ!」
と言わんばかりの態度ながら水換えが終わるのを待ちます。

しかし・・・
この後、古いペアに悲劇が訪れたのですっ!

「このままじゃ新しいペアがイジケてしまうかもしれん・・・」
そう思った飼主が新しい産卵筒を左サイドに追加で投入したのです。

水換えが終わりしばらくすると
「ねえっ!もうあっちに戻ってよっ!」
「いや、、だって見慣れない物体があるやんっ!戻るの無理っ!」
「そ、そんなぁ・・・」
「ってか、この産卵筒、いい具合にコケてて落ち着くやん?」
「あっ!ヤダっ 何でっ!?」

新しいペアは温和で大人しい性格ではありますが
体格は古いペアよりも一回り大きいのです。
一旦テリトリーに侵入してしまえば地力の差は明白・・・
圧倒的な戦闘能力で古いペアの陣地を占拠し
古いペアは為す統べなく左側へと追い払われてしまいました。

↓戦いに敗れ、隅でイジケモードの古いペア
負けたペア


今までの居場所を奪われた2匹をよそに
新しいペアは欲しかった産卵筒を舐め回すように楽しみ
水換えによる効果も相まって
産卵しましたw

産卵しました(笑)

この新しいペアは卵をだいぶ下の方に産み付けましたが
とても綺麗に産み付けてあり、卵を守ったり水流を送るのが上手です。
これに比べると古いペアは産み付け方も守り方も稚拙な感じ。

下にエンドリケリィなどのポリプテルスが野暮ったく横たわっていますが
激しい攻撃を加える事なく放置の方向でいます。

ただし、産卵筒付近に浮上したり邪魔になるとポリプの背中をツンツンして
卵を守ります。
卵を守る

まだ有精卵は確認出来ませんが・・・
とても仲良しで優しい顔をしたペアです。
ペア割れを起す事もなく絆の強いペアを導入出来た事はラッキー!

ディスカスって産卵経験有り の完全ペアはそれだけで値段が跳ね上がるし
何匹も入れた中でペアが出来るのを待つのが普通。
こうして何も考えずに2匹を導入して、それがペアであるのは稀かも。

まぁ。。。。
心待ち

飼主以上に稚魚の誕生を心待ちにしてる奴等がいるのが不安ですけどねw

黒ビーの日の丸ちゃん
2006年10月01日 (日) 06:47 * 編集
GAMの新曲、、、エロいね。
おはようございます、みなとです。
更新しようと思ったらネタがなかったっすorz

黒ちゃん

うちで日の丸模様のレッドビーが生まれるのは経験済みだったのですが
黒いビーシュリンプの日の丸は初めてなのです。

まだまだチビちゃんですけど、黒い日の丸模様も可愛いっす!

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。