ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄&福岡旅行記 みなと版その5(お土産編)
2006年06月29日 (木) 06:40 * 編集
沖縄で買ったお土産です。
10万HIT目前プレゼント企画!
お届けは10万HITあたりを目標としています。

なお、これは「はこちゅさん」に決定してしまいました。
ハコフグははこちゅさんへ

記事内で「ハリボン?」と書かれていた手拭いですが
実は「ミナミハコフグ」です。
その点に「突っ込み」を入れた人に送る。と決めていたのです。
ほら、ちゃんと「ミナミハコフグ」と書いてあるでしょ?

こちらのガイドは「セクターさん」にお届け決定!
ガイドはセクターさんへ

こういった書物は読みたい人に送りたい!
って事で「欲しい」と書いた人。。と決めていたのです。

あ、でもあと1冊あるのでそちらはクイズで正解した人へ。
クイズ「ウミガメは全部で何種類いるでしょう?」
全てのウミガメの名前を書いて正解した方、先着1名様!
※sachipokさんが正解してご当選!!おめでとー!
↓マンタとトビエイの手拭い 1名様
欲しい人はコメントでマンタを熱弁

ご希望の方は「合言葉」について
いかに好きか、を熱弁してくれると当たります。

↓こちら3点は「コースター」みたいなもの?
合言葉はコメントにて「やっぱりフグが好き!」

みなとが旅行で留守中&今までの旅行記事にコメント入れてくれた方の中で
今回の記事に合言葉を入れたコメントを入れてくれる方に。
合言葉は「ジンベイLOVE」

合言葉は欲しいお土産の画像にカーソルをもっていくと出ます。
合言葉は「マンタの宙返り!」



↓こちらは美ら海水族館のミニ図鑑!(3名様に)
pukuさんの結晶希望と書いてね

いや、全部で16枚(32ページ)くらい?
館内に置いてあるんですけど・・・
1枚づつバラバラに館内に置いてあるので
一生懸命に集めなければ図鑑が完成しないんです。
全部コンプリートする人が少ないから貴重ですよぉ
pukuさんが体を張った努力の結晶です!クリアファイルに入れてお届け。
「pukuさんの結晶希望」と書いてね。


↓みなとが大好きな「こーれーぐーす」(プチ)
辛いの好きな方、いかが?

これは留守中&旅行記事にコメントした方で
「辛いの大好き!」って方の立候補をお待ちしております。
2個あるので2名様に。
golbiさん と じゃじゃさん 辛いの好きだそうですのでこのお二人に!


↓こちらは兎夢さんへのお土産
これは兎夢さんに

空港で10分も探して。。。
結局美ら海に売っていた「ハリボン」のハガキです。

誰も遊んでくれないから普通のネタにしました。


スポンサーサイト
沖縄&福岡旅行記 みなと版その4(ホテルと首里城編)
2006年06月29日 (木) 04:38 * 編集
美ら海水族館に別れを告げ、一路那覇市内へ・・・
高速に乗っての帰り道
19時半を過ぎても明るくてびっくりする3人。

今回のお宿は「那覇ビーチサイドホテル」
ほてる1

もうね、寝るだけだからビジネスホテルにしたの。
ま、寝るだけっていうか「ワールドカップの日本対ブラジル戦」の日(笑)
それでも、少しは沖縄っぽさが欲しくて
ほてる2

窓からは海が見える部屋にしたんだよぉー
(現在海岸の工事中で見映えは悪かったけどね)

チェックインして、1時間でシャワーを浴びて着替えて外出。
国際通りという繁華街で夕食です。
ちょっと遅くなってしまったのでお店もレストランもどんどん閉まっていきます。
「波照間」とかいう居酒屋で沖縄料理を堪能しました。

どっと疲れていたためか、誰もブログ用の写真も撮らない(笑)
お料理は美味しかったけど、画像ナッシングです。

ところで沖縄上陸して、一番に食べたソーキソバの時点から
みなとはある調味料にゾッコンでした。
コーレグースー

「こーれーぐーす」と呼ばれる物で
沖縄に行くと必ず調味料として置いてあるの。
島とうがらしを泡盛に入れてある感じ?あとお酢が入ってる。
気に入ってしまったのでどこでも、何にでも入れて食べてました。
(終いにはデザートのアイスにも振りかけてたw)
もちろん、この画像のやつを自分用のお土産で買ってきたよ!


翌朝、福岡に発つまで時間があったので・・・
ちょっとだけ観光を
首里城3

那覇市内からとても近くにある「首里城」です。
首里城2

もう暑くてグダグダでしたけど
やはり「城」だけあって眺めはいいねー

入館料800円也を払って内部も見てきたけど
中は撮影禁止ね。

首里城1

2千円札に描かれてる「守礼門」とかがあるんだけど
観光客が集合写真撮ってたから撮影は諦めました。


さて!いよいよ大本命!
本来の旅の目的である「えびの杜」に向かうべく福岡へ行きますよぉー

次回エントリーは「お土産編」
その次が「福岡編」の予定です。
沖縄&福岡旅行記 みなと版その3(美ら海水族館編4)
2006年06月28日 (水) 02:00 * 編集
カフェ「オーシャンブルー」

16時半を過ぎたあたりだろうか
黒潮探検を終えてエレベーターで戻ってきてすぐにそこへ向かった。

「窓際の席、待ってでも座るべし!」
美ら海水族館に行った事がある人の事前情報で
必ずと言っていいほど勧めてくれるのがここだ。

例のジンベイザメのいる巨大水槽に面しており
特に窓際に設けられたテーブル席は水槽に張り付いて
食事やお茶が出来るため人気があるのだ。

少々待つ覚悟もあったのだが・・・
平日のこの時間になるとそれほど混んではいない。
幸いにも1つのテーブルに空きがあったので3人で座った。

まだ「キッチンぱぱいや」での食事でお腹は空いていないので
puku家はフロート、みなとはフレッシュジューズ。


とにかくここならpuku家の二人も「プレ子状態」になれる!w
ゆっくりと回遊するジンベイもマンタも、すぐ目の前だ!
動画で少しだけ雰囲気を見てみるかい?


コバンザメ君、小さく見えるけど1メートルあるよw
うちではコバンザメですら入れられる水槽ないよ・・・・

ちょっと重いけど「マンタ」見てみるかい?


オニイトマキエイ
ダイバー達の憧れの「マンタ」が目の前を通るんだよ

これだけでも十分価値のあるカフェなんだけど
このあと事件が起きたんだ。

突然巨大なジンベイザメが立ち泳ぎを始めた!!
そしてマンタ達はつながって宙返りをしている!
サメもエイも。。。回遊魚も・・・
なんだか騒がしいぞ!!??

そう。1日1回しか見られない「給餌タイム」だったのだ!

え?画像は?動画は??
実はもう携帯のメモリー不足っす(笑)
撮影可能枚数がもう10枚程度残るだけ。なので画像なし。


あのね・・・
ごめん。黒潮探検がお勧めって言ったけどね
この「給餌タイム」には勝てないわ。

一口で約100リットルの海水と共に餌のオキアミを飲み込むジンベイザメ

世界で初めて餌付けに成功したと言われるマンタの食事風景

オキアミ。。。イカ。。。魚の切り身・・・・
順番に、そして、ポイントを変えて・・・

底に棲むエイやサメの食事シーンも目前で見られる。

とにかくジンベイザメが圧倒的にボス的存在なのがよくわかるし
マンタの宙返りをしながらの優雅な食事も感動するぞ!

とにかく言っておく!
給餌時間を聞いて、その時間に合わせてカフェに行け!
これだけは忘れずに、絶対忘れずに!メモれ。


さて、おみやげ買って帰るか・・・・
お土産1

ハリボンの手拭い?
お土産2

マンタのも?

あと美ら海水族館ガイドね
お土産3

このガイドは図鑑並に凄いのでお勧め。
2冊買ったので1冊はプレゼントに回すよ!

その後、外の施設も見たよ。
マナティ館とかウミガメ館でクイズしたり・・・
ショーも終わって自主練習しているイルカ達を見て・・・
でもね、もう暑さと疲れでヘロヘロな3人はね
写真を撮る気力もなく車に戻るのです(笑)
さよなら美ら海

さよなら美ら海!
さよならブロンズジンベイ君!
(もうすぐ19時だっていうのに明るいっしょ?)

さぁ、あとは一気に那覇まで帰ってホテルにチェックインです。
沖縄&福岡旅行記 みなと版その3(美ら海水族館編3)
2006年06月27日 (火) 01:13 * 編集
いよいよ「黒潮の海」です!
黒潮の海1

幅35m・奥行き27m・高さ10mの巨大水槽です。
アクリルの厚さは60cm!!厚さだけでうちの水槽だよw
黒潮の海2

全てはジンベイザメの水槽内繁殖を考えて作られたサイズです。
また、高さは餌を食べる時に立ち泳ぎが出来るように考えられています。
黒潮の海3

約7~8mのジンベイザメが3匹、夢の複数飼育ですねぇ

とにかくジンベイザメのサイズに圧倒されます。
大阪の海遊館でも見たのですが、大きさがまったく違います!


この水槽では1日に数回、「黒潮探検コース」という
定員15名のプログラムがあります。
ちょうど16時の最終回の受付が始まったので申し込みましたよぉ!
幸いにも最後の回だったので定員割れしてました。
黒潮探検1

黒潮探検とは・・・
巨大なジンベイザメやマンタが泳ぐこの水槽を
上から見たりしちゃうガイド付きのプログラムです。
黒潮探検2

なぜ定員が15名か?というと
ガイドさんの声を聞くためのインカムの数に限りがあるのと
エレベーターで一度に乗れる人数・・・って事かな?

この水槽の上、裏方なのでエアコンなんてありません!
とにかく暑い!飼育係の苦労が体感出来るのですが・・・
「是非8月にもう一度本当の暑さを体験しに来て下さい」
と、優しい声の女性ガイドさんが言っておりましたよ(笑)
黒潮探検3

巨大水槽の他にも、トリメン水槽や稚魚育成水槽
エイやサメの繁殖の裏話や飛び出す魚の話
大きなジンベイザメを水槽に入れるためのクレーンや
マンタを運ぶための道具なども解説してくれます。
黒潮探検4

自分で水槽を管理しているアクアリストさんなら
こういった裏方を見るのも楽しいし、勉強になりますよ!
黒潮探検5

これから美ら海水族館に行かれる方は予定に入れておいて下さいね!

さて、16時を過ぎるとイルカショーなど
他のプログラムも全て終了してしまうのです。

で、裏方の暑さを体験して喉がカラカラ、汗ダクダクなため
ジンベイザメのいる巨大水槽に面したカフェ
「オーシャンブルー」で休憩します!
次回はそのカフェでのお話です。
沖縄&福岡旅行記 みなと版その3(美ら海水族館編2)
2006年06月27日 (火) 00:26 * 編集
動きが少ないお魚さんは撮影が出来て嬉しいです。
美ら海10

エビ、こうして見るとどうって事ないように見えますが・・・
美ら海11

実は大きさが桁外れにデカイっ!
マジで5歳児より大きかったっすよ!
タカアシガニなど、カニの大きいのは見た事あったけど
このクラスのエビは初めて見ました。
美ら海12

↑↓ウツボ達もメートルサイズ!ゴッツイです。
美ら海13

ちっちゃい奴らもいますよー
美ら海14

ハゼ君やチンアナゴ君
美ら海15

それにアオリイカの赤ちゃんも!
美ら海16

そしてこれから巨大なジンベイザメの泳ぐメイン水槽へ向かいます。
沖縄&福岡旅行記 みなと版その3(美ら海水族館編1)
2006年06月26日 (月) 03:12 * 編集
美ら海01

食事も終えて「いざ美ら海!」
無料の駐車場に車を停めた我々をお迎えしてくれるのは
「ブロンズ ジンベイザメ君」!!

いよいよ「世界一と世界初」がどっかにある水族館へ突入です!

まずはヒトデやナマコにタッチ出来るタッチプールで
修学旅行生と一緒にナマコに触ってみたり・・・
(水の中での感触は気持ちいいw)

館内は浅瀬から深海へと・・・
順を追って展開していく自然を再現しているようです。
美ら海02

沖縄の海を切り取ったかのような、太陽光が差し込む水槽では
なんだか面白い顔をした魚達が悠々と泳いでいたりします。
美ら海03

水槽に張り付いたら離れないと噂されるpuku&だーちゃんですが
入館した時間が遅くなってしまったので素直に移動していきます(笑)
美ら海04

だーちゃんは海で魚を採取したりする方だったりするので
海水魚にもとてもお詳しいのです!

pukuさんもアクア歴がとても長く色々知っているので
アクア初心者なみなととしては心強いっす。
美ら海05

館内のリーフレットを集めながら、携帯でバシバシ撮影して楽しみます。
学生、ファミリー、外国人・・・みんなが携帯で撮影してたりして・・
なんだか嫌な世の中になっちまいましたねぇ・・・
それともみんなアクアなブログでもやってるんでしょうか??
美ら海06

大きな魚はやはりその姿に圧倒されますねー
ふてぶてしい顔つきも魅力ですし、迫力が違います。
自分の水槽では飼えないっていうのもあるかな。
美ら海07

ウミガメさんも挨拶に来てくれます!
美ら海08

定番「ナポレオンフィッシュ」と・・・
美ら海09

恐ろしい顔したフグさんが・・・
な、なにを怒っているのでしょうか??
沖縄&福岡旅行記 みなと版その2(お食事編)
2006年06月25日 (日) 00:35 * 編集
さてっ!
古宇利島にさよらなを告げて向かうは「お昼ご飯」!!
事前にここだっ!と決めていたのが
美ら海水族館の横にある
「美ら海キッチンぱぱいや」です。

えーっと・・
外観の画像を撮り忘れました(笑)
黄色い建物っす。
るるぶで見て、ブログ巡りで行きたくなって・・・
で、行きたくなったら行く!

まずはpukuさんが注文したのがこれ
おおきなエビフライ

「でっかいエビフライ定食」1680円

いや、画像じゃ伝わらないかとは思うんだけどデカいの。
ほら!タバコを置いてみるよ!
タバコと比較

小食なpukuさんから少し分けて頂いたけど美味しかった!

みなと&だーちゃんはこれ!
美ら海定食

「美ら海定食」1580円
「ミーバイ」と呼ばれるお魚のから揚げですねー

ま、どちらも小鉢にはもずくや沖縄の食材がついていて美味しいっす。

単品で頼んだのがこれ
島らっきょう

島らっきょうを炒めたやつ

あとこれも!
海ぶどう

「海ぶどう」
もう、プチプチした食感と磯の香りが最高です!
自分的には海ぶどう丼でワシャワシャ食べたいくらい好き。

お腹一杯!ご馳走様でした
完食

ちゃんと全部食べたけど、ボリューム満点っす!

1階のテーブル席と2階の座敷風の席
さらに2階にはテラスがあって、そこでも食べられます。
テラスもあるよ

テラスからは海も見えて気持ちいいよぉー

さあっ!
次はいよいよ沖縄のメイン「美ら海水族館」に行きますかぁ
沖縄&福岡旅行記 みなと版その1の補足
2006年06月25日 (日) 00:03 * 編集
そうそう、実は朝の空港でさっそく食べたのですよ「ソーキソバ」
そーきそば

小さい画像でモブログしようとしてたんですよ。
ちゃんと挑戦してたんですって。

ScarletGemさんに「食べておけ」と言われたのでちゃんと実行っす。
実は、この時点でみなとはある物に心を奪われてたんですけど・・
それはまた別のお話で。

↓やぎのミルク
ヤギのミルク

あ、これも飲んだよ!「ヤギのミルク」!
自分は大丈夫な味だったけど。。
だーちゃんは変な顔になっていました(笑)

↓これは空港のハリボン
ハリボン

あぁ。。。どうせ携帯から投稿出来なかったのなら
大きな画像で撮影しておけば良かった・・・
あ、でもpukuさんのlove fish!で載るかと思います。
だから兎夢さん、あっちで見てね!

↓道の駅 許田
道の駅 許田

いや、本当にこうしてタイムリーに投稿しようとしたんだってば!
↓自販機だって撮影したのよ。
自販機


って事で小さいサイズでの撮影は全てボツ画像なんですよぉ(泣)
沖縄&福岡旅行記 みなと版その1
2006年06月24日 (土) 21:30 * 編集
puku家との沖縄旅行前日・・・

当日は朝6時前に搭乗手続きをする必要があるため
実は前日から東京入りして仮眠をとる予定でした。

しかし。。。新宿で友達と会う事になってしまい
友達と、その子の職場のバイトの子達と朝までカラオケ屋でお喋り。
一睡も出来ないまま羽田空港へ向かうために4時に新宿を出る。
(よっち&I君&Oちゃん、ありがとー!)

タクシーで秋葉原まで行き、始発の京浜東北線で浜松町へ
そしてモノレールで羽田空港。
途中puku家よりメールが入り、既に到着している模様。

待ち合わせ場所に向かい、無事にpukuさん&だーちゃんと合流出来ました!

JALの飛行機は今まで乗った事がないような小さいサイズ(笑)
中央に座席が存在しません。
かなり窮屈な雰囲気で那覇まであまり眠れませんでした。

午前9時頃には那覇空港に到着!
現地は晴れ、気温28度とアナウンスがある。

飛行機を降りて、 さて・・・兎夢さんのお気に入りの
ハリセンボンが泳ぐ1階に行こうとすると・・・・
pukuさんが何か様子が変です!!

「どうしたの?」
「け、携帯が。。。ない!!」

飛行機に乗る時にはあったのです。
だって、携帯の電源を乗る時にOFFにしたんですから。

電源の入っていない携帯を探すのは大変です。
ポケット、、、キャリーケース、、全てをひっくり返しての捜索。
それでも見つからない携帯・・・
今乗ってきた飛行機の所に戻り、落ちていないか係の人にも探してもらう。

しばらく探していると、どうやら係の人が発見してくれた模様!
飛行機から出る際にポケットから落ちたらしい(笑)

必死に申し訳なさそうに謝るpukuさん。
しかし、みなとに
「いえいえ、早速ブログネタが出来て嬉しいっすよぉ!」
とネタ宣言されてさらに落ち込む(笑)
こちらとしてはこういった事件があった方が珍道中風味で好きw

さて!無事携帯も見つかり、ハリボン(ハリセンボン)と対面するために
1階に下り、水槽を発見!
いましたよぉー!兎夢さんのお気に入り「ハリボン」!
元気に泳ぐフグを携帯で撮影しようと、妙な男が約2名w
5分以上格闘してみなとは失敗。
だーちゃんは1枚撮影成功。

あとはハリボンのフォトはがきを兎夢さんのお土産に・・・
ない。
どこにも売ってない。
カウンターのお姉さんに聞いても・・ない。
どうやら空港にはもう売ってないらしい。

レンタカー屋さんが既に迎えに来てくれているので諦めて外へ。
(実は美ら海水族館に売ってたんですw)


レンタカーは「TOYOTAのbB」
いよいよ沖縄旅行のスタートって気分です!
外は既に32度まで気温が上がっております。

高速で一路「古宇利島」を目指します。
運転はみなと。
旅先で違反はイヤなので安全運転です。

道の駅 許田(きょだ)にて小休憩。
ここでは美ら海水族館の入場券が2割引で販売されているのです!

入場券をゲットして、みんなで見慣れない沖縄の缶ジューズを飲む。
ゴーヤ茶とか、サンピン茶とかグァバ茶??
(ここらへん、携帯でモブログ送信しようと小さいサイズで撮影した・・)
(でも、結局送信出来ずにボツ写真になりました)

途中、兎夢さんのブログで見た「名護市役所のシーサー群」や
妻Scarletさんのお勧めのレストランを発見してみたり・・・
で、通り雨にも降られましたが古宇利島では晴れました!
古宇利島1

ここは2005年に開通したばかりの古宇利大橋がお目当て。
通行無料の橋として日本最長(1960m)
橋の手前や向側にこうして撮影出来るスポットがあります。
古宇利島2

それにしても車が少ない!
1960mをずーっと一人で走っている感じで気持ちイイ!
海の色が!砂浜の砂が!
だって砂がサンゴですよ??
もうね、千葉の海とは大違いっすよ
古宇利島3

pukuさん&だーちゃんは浜辺でサンゴを拾ったり
ヤドカリを捕まえてビンに入れて持ち帰ろうとしたり・・・
流木を拾いそうになっていたり。。。
いつもの癖でしょうね(笑)

みなとは独りで撮影タイム!
↓あまりの気持ち良さにハイヒールを脱いで海に入る清楚な女性発見!
古宇利島5

その姿がとても素敵で思わず遠くから1枚撮影しちゃいました。

いやぁ。。。来て良かったよ沖縄
古宇利島4

この砂浜で3日くらい寝て過ごしたいよ・・・

ま、そういうわけにも行かないので次の目的地へ行きますわ。
沖縄への道、福岡への道
2006年06月21日 (水) 04:09 * 編集
puku家と一緒に「沖縄&福岡に行こう!」と
話が盛り上がったのはいいが・・・
那覇空港から「美ら海水族館」までの距離にビックリ!
せっかく行くのに2時間しか見られないなんて計画じゃダメだ。

しかもpuku家は「開館から閉館まで水槽の前でプレコのように張り付きたい」
などとホザいている!

旅行は6月22・23日!
お互いの仕事の都合で休みがあまり取れない。
きっと梅雨も明けるだろう。
エビを持ち帰っても平気な気温だろう。
みなとのバースデー割引で飛行機のチケットも安いかも。
こんな理由でこの日に決定!

初日の6月22日・・
可能な限り美ら海での時間を確保するため、なるべく朝早い便で発つ!
朝6時15分のJAL便・・・
そのためには5時台には羽田に集合しなければならない。
だーちゃんは前日の仕事を終えて車で夜中に羽田に向かう。
みなとは東京で時間を潰して始発で羽田へ・・・
(もう機内では爆睡の予感が漂う)
お互いのスケジュールを調整している間にも
飛行機の空席はリアルタイムで減っていく・・・
みなともだーちゃんも
「お互い夜型人間だから大丈夫じゃなーい?」とお気楽モード
そんな中pukuさんがパソコンで空席数をチェックしながら予約を入れていく。

今回取らなければいけない飛行機は
羽田→那覇
那覇→福岡
福岡→羽田  の計3便

みなとのバースデー割引や早割をフル活用して手配してくれたのはpukuさん。
(色々と調べて頑張ってくれて感謝!)

しかしあれだね・・・
飛行機ってのは1ヶ月以上前から予約しないと高いし、乗れないね。


当初は水族館見て、その日のうちに福岡に飛ぶ予定だったが・・
閉館まで水族館にいるともう福岡には飛べない。
沖縄で一泊して翌日福岡へ。と予定変更。

みなと「どうせ沖縄に泊まるなら海の見える素敵なホテルでも泊まれば?」
puku 「うーん。そうだよねぇ・・・どうする?だーちゃん」
だー 「ビジネスホテルでいい!寝るだけだし・・ザコ寝でもいい」
(おいおい。。みんな意見が合ってないぞー)

そして最終的に決めたのは
「海の見えるビジネスホテル」(笑)
全員が納得出来る折衷案のような物件でしょw

その後、レンタカーや食事場所、ドライブスケジュールなどは
ほぼみなとの独断で決めさせてもらって、pukuさんが手配。

とりあえずこんな感じ

朝9時頃那覇着

レンタカー(TOYOTA bB)

道の駅 許田 (美ら海水族館の入場券が2割引なのはここだけ)

古宇利島 (少しはビュースポットを見たい)

美ら海キッチン「ぱぱいや」(なんか良さげなレストランで昼食)

美ら海水族館
(多分puku家は同じアクリル水槽にプレコみたいに張り付いている)
(なのでその間にイルカショー見たりカフェでサメ見たり・・・)
(で閉館時間に二人を水槽から剥がして帰る)

夕食は「ぱぱいや」が美味しかったら再訪する可能性あり

那覇へ

那覇ビーチサイドホテル


いやね、今回は水族館がメインなので観光っぽさがないわけ。
沖縄の熱帯魚のショップなんて行ける時間ナッシング!
puku家の二人がアクリル水槽をカジカジ齧って傷つけないか!?だけが心配。

やはり1日しかないと辛いよ<沖縄

これから「美ら海水族館」に行こう!と思われている方は
もうちょっと余裕を持って計画すべし!!

翌日は昼過ぎに沖縄を発って福岡へ・・・
福岡ではcharさんが迎えにきてくれるみたい。
そして本来の「メイン」である
kaguyaさんの「えびの杜(ホワイトベース)」に連れていってもらい
オークションで常に高値をつける恐ろしく綺麗なレッドビー達を見学。

夜は博多駅近くのホテルで1泊。
中州とかで飯だろうか??
(正直、福岡の予定はcharさん次第だったりしてw)
翌朝は9時5分の羽田行きで帰る。
で、だーちゃんは即仕事へ向かう。

そんな予定ではありますが・・・
旅行中は熱心なだーちゃんがきっと
「love fish!」にて
携帯から記事を上げるかと思われます。

また、ここ「ブロっコリ!」でもやってみるかも。

今回はなるべくリンクが貼ってありますので
一緒に行ったつもりになってお楽しみ下さいませ(笑)

うちのブログも夏には10万アクセス記念プレゼント!
として沖縄のお土産などもお送りしようかと考えております。
なお、沖縄土産は、もちろん留守中に・・・・
当ブログにコメント入れてくれた方を対象にさせていただきます。











トラブリングバス♪
2006年06月20日 (火) 03:01 * 編集
キツイ旅だぜ・・わかっているのかい?♪


話は1ヶ月以上前に遡る・・・・
ブログのお友達「love fish!」のpukuさんとの電話での会話。
お互いのブログが1周年を無事に迎えたあたりの内容にて

みなと「love fish!の1周年記念&20万アクセスのお祝いで・・」

puku 「はい?」

みなと「俺を沖縄に連れていけっ!」

puku 「えぇーっ!ど、どうしたらそんな流れにっ!?」

みなと「俺が独り者で、水族館に一緒に行く相手がいないと嘆いているのは知っているよな?」

puku 「え、ええ」

みなと「なのに兎夢さんは沖縄だのタイだのロンドンだのと水族館巡りだ」

puku 「な、なぜ兎夢さんの話が??」

みなと「あれはナニか?俺へのあてつけか?」

puku 「そんなわけないでしょ(笑)」

みなと「いやっ!あんな綺麗な写真で紹介されたら行きたくなる!」

puku 「そうだよねぇー!美ら海水族館絶対行きたくなるよねぇー」

みなと「行きたくなるのに沖縄じゃ余計に独りで行けないだろ?」

puku 「ま、まあねw」

みなと「きっと兎夢さんは 「ふふっ・・行けないだろー」と笑ってるんだっ」 

puku 「だからぁ・・そんな人じゃないって!」



みなと「そこでだっ!悔しいから俺を美ら海に連れていけっ」

puku 「な、なんで私が!!??」

みなと「幸いpuku家にはもう一人だーちゃんがいるだろ?」

puku 「いるよ」

みなと「だーちゃんに留守中の魚とエビの世話してもらえば行けるじゃん」

puku 「だーちゃんが留守番!?(笑)」

みなと「そそ。二人でマッタリ沖縄デートしようぜ!」

puku 「・・・・あ、あのぉ・・・」

みなと「ん??」

puku 「だーちゃんも一緒に行きたいってww」

みなと「!!?うっ・・野暮な男めっ」 (ドッチガヤボダヨ)



そんな話があったとか、なかったとか・・・

で!

今週の木曜日!6月22・23日に、二泊三日で
みなと&pukuさん&だーちゃん合同企画
 「沖縄 美ら海水族館&福岡 charさんに会ってエビの杜ツアー!!」
が決行される事になりました。(パチパチパチ)

沖縄なんて南の島!
きっと空港から水族館もすぐ近く!!
なんて思っていましたよ、マジで。

と、ところがギッチョンチョン
空港から車で2時間かかるとか・・・
慌てて「るるぶ沖縄」などを購入して予習開始。
(沖縄って広いじゃん・・・)
行き帰りだけで4時間じゃ。。。水族館見れないし

そしてそこからpuku家&みなとのギリギリガチガチケツカッチン!な
超ハードスケジュール的旅行計画が組まれる事となるのです。

続く。


※文中の会話部分はフィクションです。
※兎夢さんは優しくて素敵な方です。
※だーちゃんは野暮な男じゃありません。
※みなとは野暮だと思います。


ドンガ日記(稚魚成長編)
2006年06月16日 (金) 05:25 * 編集
ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス・ドンガ
現在稚魚は6匹が健在です。
どんが稚魚061601

まだ色は出ていませんが大きくなってきました。
背びれなどはペルヴィカっぽくなりましたねー
どんが稚魚061602

6匹のうち大きいのは4匹。↑上の画像は大きい子
↓下の画像は小さい子
どんが稚魚チビ

かなり成長に差がありますねぇ

餌は冷凍赤虫を食べられるようになりました。
あとはテトラ ディスカスなどの人工飼料も。
さらに「ディスカスハンバーグ」の袋の残りも大好きです。

両親が使っていた産卵窟を入れてみたんですが
大きな子がテリトリーにしたらしく他を追い払います。
どうやらそういった意識が芽生えてきたようです。
どんが稚魚061604

この親をペアで購入したショップでは
この子達の兄と姉達がようやく販売可能サイズになっています。
メスはお腹が綺麗に色付き「ペア売り」されています。
しかし、自分が買った時は「ドンガ」だったのに
今回は「ドゥンガ」に(笑)
ちょっと正式っぽさが醸し出されたww

うちの子達もあと1ヶ月くらいすれば・・・
色が出てオス、メスがはっきりするかもしれません。
ショップレポ(かねだ● 市原店)
2006年06月16日 (金) 00:30 * 編集
↓帰宅したら「なおさんの産卵筒」にディスカスが産卵していました。
なおさんの産卵筒に卵

無精卵が多かったけど、即座にレッドライン・トーピードの餌に。


さてさて。。。本日はですね
市原の役所に用事があって、ショップには行かなかったのです。
代わりに市役所のすぐそばにある大型ショップ「かねだい」に寄ってみました。

大型店なんて普段は行かない自分としてはもっと大きな店を想像していたのですが
この「市原店」はそれほど大きくなかったですね。
あ、それでも「さすが大型店!」と思えたのは・・・
2人いた女性スタッフですかね。
もうコロパツっていうかイトメの食い過ぎ?
かなり横に大型でした。

器具と淡水をメインに見てきたんですけど
雨の平日。。。あまり客もいませんでした。
備品は安かったので必要な物を購入。

肝心の生体は・・・
管理はイマイチかな?専門的なショップに比べると劣る感じ。
ラインナップとしては
ポリプテルスはエンドリケリィを中心に多かった。
特にエンドリはワイルド、有名ファームなどかなりの数がいる。
Po.アンソルギィもいた。

アロワナは幼魚サイズで高級ファーム産を。
レッドテール・キャットなどもサイズ別に3つの水槽にいたし
スネークヘッドの仲間は大型種メインで8種くらいいたかな?
肺魚も一通り揃えてあったし、ネオケラもいた。(可愛い!)
アンフィビウスも2匹。
しかし1匹は長い手足?のようなヒレが全て欠損。
外鰓も萎縮して緑に変色。
体には水カビだらけ・・・(調整中)
26,000円くらいだったけど、ありゃ立ち直るのか??

小型魚はオーソドックスなメジャー種が中心。
ディスカスは小さいサイズで、さらに黒ずんでいる個体が多い。

印象としては????
あまり常連にはなりたくないな。
大型魚は魅力的だけどね。
こういう店は支店ごとにスタッフの質でかなり差が出ると思う。

帰りに貰ったチラシに6月18日の特売情報がありました。
主なものを紹介すると・・
コリドラス・ステルバイ 2匹で698円
コリドラス・アークアタス 2匹で398円
オトシンクルス 5匹で398円

アピスト・カカトオィデス・ダブルレッド ペアで1980円
ポリプテルス・デルヘッジ ベビーサイズ 598円

ナナ付き流木398円

などなど。。。。
確かに安いですねー
生体をお連れしても自分で責任持ってトリメン出来る方にはお勧めw

自分は今回、お魚はちょっと病気が怖かったのでお連れしませんでした。
それじゃあまりに悲しい?ので
「ムネチカ産C、Dグレード 1匹998円」を
黒びー980円

5匹買えば3980円くらい?になるみたいだけど
あまり綺麗なのがいなかったので赤と黒1匹ずつ。

赤はコロパツ姉さんに掬ってもらってみる。
その後、黒は痩せたお兄さんに(笑)
(1匹だけど個体指定してお願いした)

↓998円
赤びー998

ま、わざわざ別のスタッフに1匹ずつ掬わせたのは
応対&パッキングなどを調べるためです。

1匹でも嫌な顔せず応対してくれましたし
パッキングも問題のないレベルでした。
ディスカスとポリプのお食事風景
2006年06月15日 (木) 00:52 * 編集


前回の記事のコメントにて「おまつさん」よりリクエストのあった
「ディスカスハンバーグのお食事風景」です。
スローイーターなディスカスに合わせていたら撮影時間が長くなり
かなり重くなってしまいました。

本来は板状のまま入れるんですけど・・・
そうするとエンドリケリィが咥えて逃亡するので
小分けにして、さらにバラして入れてあります。

大きな塊を咥えて食べるポリプテルス
大きさは関係なく、小さい口でゆっくり食べるディスカス
そんな光景です。


6月14日早朝
ラミレジィが2度目の産卵です。
ラム産卵二度目の卵

今回はオスが守っているのです!
って。。。撮影しようとすると餌だと勘違いして寄ってくるため
卵を守るオスの画像は撮影出来ません(笑)

今回は孵化直後の稚魚ってやつを凝視して発見するのが目標!
あと、メスを隔離してみる。(前回の失敗からの実験)

↓こちらはようやくタブを食べるようになったパラオトシン君。
タブ食べたー

まー、色々写っているのでどれがパラオトシン君かは・・・
わかる人だけわかって下さい。

↓赤ランケちゃんも元気です。
赤ランケちゃん

餌の匂いには敏感なくせに、ソイルとタブの区別がつかず
一生懸命ソイルばかりを舐めています。
ちょっと心配。
エンドリケリィが大きくなっていく
2006年06月12日 (月) 06:18 * 編集
大きくなってく

ポリプテルス・エンドリケリィです。
お連れした時は小さくて引っ込み思案でしたが
少し大きくなってきて力関係が変わってきそうです。

長さ(お連れしたとき)
ムベンベ>アルビノセネガルス>エンドリケリィ>デルヘジィ
長さ(現在)
ムベンベ>エンドリケリィ>アルビノセネガルス>デルヘジィ

今月中にエンドリケリィが一番になるでしょう。
さらに、デルヘジィも必ずセネガルスを抜きます。
セネガルスはショートボディなのでこれで成魚なのです。
下克上的な水槽になりつつあります。
ディスカスとエンドリ

ディスカスとポリプテルスはまだ仲良しです。
いつまでこのまま混泳出来るかは不明。

現在、生き餌はあまり与えておらず
ディスカスハンバーグのみです。
ポリプテルス全員が大好きみたいで
食いはぐれがないので安心しております。
生き餌だとどうしても個体によって食事量に格差が出るような気がして。

大きなディスカスハンバーグの塊をポリプ達が咥えて千切り
どんどんと飲み込んでいく。
で、細かいカスはディスカスが時間をかけて処理する。
そんなバランスで共存しています。
昨日のフグ
2006年06月10日 (土) 04:40 * 編集
昨日ご紹介したうちのフグ。
けんこさん&でむちんさんに教えていだだき
「テトラオドン・アベイ」であると判明しました。


やっぱりアベニー・パファーじゃなかったんだね
大きいと思ったんだぁ
アベニーじゃなくアベイ・・似てるよね
「アベ」までは一緒くさいよね。
「アベちゃん」にする?なんかアリガチだよねぇ
「みなと」の飼う魚だから「アベイ」のベイだけで
「Bay」がいいか・・・
「アベニー」って呼んでたら本当に勘違いする人とかいそうだし・・

「テトラオドン・アベイ」
メコン川流域・チャオプラヤ川原産 全長10センチ
1998年にテトラオドン・レイウルスから分離独立された種である・・・・
などとネットで調べたら書いてあったよ。

今はとりあえず様子見でベアタンクだけど
今度、砂でも敷いてあげよう。

餌はクリル、モエビ、ヒメダカ、プラティ、レッドラムズホーン。
カーニバルはあまり好きじゃないらしい。
キャットは食べるかな?まだ与えていませんので不明。
この子のためにモエビも30匹買ってきて別水槽で飼育中。


動画の中では土管が入っていますが、もう出してしまいました。
土管の下あたりにゴミが溜まるので。

さて。一体どんな子なのか?
これから飼いながら観察して
「この動きの時は餌」
「こうなったら水換え」
などといった基本的な行動や仕草を学習してみたいと思います。


More...
アベニーちゃん!??
2006年06月09日 (金) 05:09 * 編集
今日はショップを3店もハシゴしてしまいました。
最初のお店ではお目当ての魚が丸ごと売約・・・
パラオトシンのグリーンドットってやつだったんだけどねぇ~
次のお店は・・・
水草の在庫処分セールしてたけど
生体は「連れてってー」と訴えてくる子なし。
「ブラックパラダイス」がいたんだけど1匹のみ。
ここでも何も買わずに次のショップへ。

生体はあまりお連れしたい子がいなかったので・・
プレミアムモス

エビ水槽用の「プレミアムモス活着流木」を。
これはもう数ヶ月ショップの水槽に入っていたので安心して購入。
細かいモスが綺麗に活着していたので。

で、生体は買わずに帰るつもりが・・・
こんな子が声を掛けてきたよぉー
アベニー??

ジャーン!! 「アベニー・パファー!!」
これでみんなの仲間!!アベニー仲間だよっ!!
・・・って・・あれ??なんか大きい・・
もう10cmくらいあるよね?
模様も違い過ぎ・・・

ズシっとした重さがあるよ?
モエビを丸呑みしたよ?
なんか噛まれたら痛そうだよ??

そう、全然アベニーちゃんぢゃありません。
淡水フグですけど。
「レッドスポットパファー」と書かれていたけど
正式な名前は知りません。
でも。。いいんです。
人慣れしてて可愛いし。
名前を「アベニーちゃん」にすればきっと大丈夫!!
↓久しぶりに土管から出てた
タティアだよ。フグじゃないよ

「な、仲間じゃないよっ!!」
こちらは「ブルー・レオパードタティア」
フグっぽいけど違います。
通販&宅配トラブル 三連発の巻
2006年06月08日 (木) 22:26 * 編集
ここ数日の間に三連発で通販&宅配トラブル発生!
あまりに連続なのでブログネタに。

最初はフランス料理店のネット通販。
「豚のリエット」という商品を2つ注文。
届いたのは1個。
「1日限定10個の品だから、もう1個は後日?」
などと思っていたら
「間違って1個で送ってしまいましたぁー」と電話が入る。
そして翌日には・・・
「1日限定6個!2500円のチョコレートケーキ」
と一緒に送られて来ました。(笑)
なんかちょっと得した気分!

次は宅配トラブル。
「なおさん」からディスカスの産卵筒を送ってもらった。
優しいなおさんのご好意で2個も!

でも、一つは「ワレモノ 陶器」と書いてあるのに
粉々に割れていたので業者に電話。

弁済金と送料の返金。(弁済金はなおさんへ)
なんかちょっと得した気分!

↓なおさんの産卵筒を入れてみた
なおさんの産卵筒

巨大なタワーに驚いたディスカスは・・・
流木に産んだ

流木に産卵してました(笑)
↓見つめて守ってるかんじ
見つめて守って

まぁ、この後レッドラインに食べられましたが。


さて、最後は生体ネット通販。
「ワルモノさん」のご紹介でダニオを4匹ほど
都内の有名ショップに注文。
(先日ご紹介したダニオ・フィーグラディね)
水曜午前中指定だったので当日は仕事を昼過ぎに設定して待機。
しかし来ない。
発送済みメールも問い合わせ番号を記したメールもなし。
ショップは水曜定休で電話が出来ない。

諦めて外出して、夜帰宅。
不在票もなし。
なのでショップに問い合わせメール。
すると翌日、こんなメールが。

みなと様

こんばんは、●●●です。
早速ですが、発送ミスをしてしまいた。
大変申し訳ありません。
全面的にこちらのミスなので、もし宜しければ、今回、料金全て頂きませんので、送らせて頂けませんでしょうか?
宜しければ、再度到着日を決めて頂きたく思います。
大変失礼ですが、宜しくお願い致します。


なんかちょっと得した気分!

こうも連続でトラブル?というか結果的には得してるっていうか・・
これはもしや!!
こいつのおかげ!?
デルヘジ

いえいえ・・・こいつはデルヘジィ(ちょっと大きくなった)

ではこいつのおかげ?
えんどり

いえいえ・・・こいつはエンドリケリー(なんか平らだけど大きくなった)

そうそう。。。こいつ
むべんべー

オッドアイ効果発動中のモケーレ・ムベンベ君!!
ラム稚魚数の推移
2006年06月07日 (水) 04:08 * 編集
200匹近い稚魚を確認した翌日
その数は明らかに100匹程度に減少していた。
まぁ、それでも多いとは思っていた。

しかし、この日はある変化があった。
前日はオスメス共仲良く育児をしている様子であったのだが
稚魚に派閥が出来ていたのだ。
オスが約9割の稚魚を引き連れているのに
メスの周りには1割程度が漂っているだけ。

そしてメスの姿を発見すると猪突系の勢いで攻撃しているオス。
メスは怯え、胸ヒレはボロボロに切り裂けている。
産卵&孵化まで成功させたペアとは思えない関係に心が痛む。
良く観察してみると・・・
メスが稚魚を口に含んだ様を見るなり攻撃しているようだ。

勿論、メスははぐれて漂った稚魚を群れに戻すべく口に入れているのだが
オスには「我が子を捕食する外敵」に映るらしい。

朝、仕事に出掛ける前に本来ならばライトを消して行くところを
稚魚捕食の防止のために点灯したまま部屋を出た。

そして本日夜、23時近くに帰宅して早々に水槽チェック!
しかし・・・
あれだけ存在した稚魚がまったく確認出来ません。
親2匹が再び寄り添っている様子からも稚魚全滅の予感が漂っています。

それでも水槽を凝視し、底砂の隙間に逃げるように身を隠している稚魚数匹
(多分10匹未満)
を発見したので慌てて4匹ほどをスポイトで捕獲してエビ水槽へ・・・
残りの稚魚は親魚が怯えてしまったので断念。

エビ(レッドビー)水槽ならば捕食されずに成長するかも!?
と思って放ったのだが・・・
自分が見ている目の前でレッドビーが稚魚を抱きかかえて捕食!!orz
ラム水槽に残した稚魚も親魚に見つかる度に「パクっ!」orz

遊泳開始からわずか3日目で全滅という痛々しい結末。
結果、皆様の予想を遥かに裏切る数値を記録してしまったわけです。
(今回の正解者はなし。ですね、はい)

孵化までは立派に成功させたペアですが
育児に関してはまだまだ飼主共々経験不足でありました。

次回、もし産卵&孵化まで上手くいった場合には
とりあえずメスを別水槽へ移動するなどの実験をするつもりです。
勿論、三日目に卵がなくなってしまっても・・・
水槽の大掃除などしないように気をつけます(笑)

今回、喜びを共にし、応援して下さった皆様!
ありがとうございました&面目ない(ペコリ
どうも、みなと水族館でのメイクドラマは・・・
簡単には「幸せな結末」を許してくれそうにありません(笑)

お詫びと訂正
2006年06月06日 (火) 03:36 * 編集


前回のエントリーにて
「二度目の産卵にて孵化」としましたが・・・
haswayさん&おまつさんのご指摘通り
今回の稚魚は「最初の産卵で孵化していた子達」に訂正し
ここにお詫び申し上げます。

うちにお迎えしてすぐに産卵し
3日目の夜には卵は全てなくなっておりました。
ジャグジーな旦那の様子から
「今回は無精卵か。。きっと食卵したんだな」と。

で、翌日には大幅な水換え!!(多分半分以上w)
しかも大磯砂を前半分ほどホースでガシガシ!
水作Mの濾材交換。。。さらにストレーナーの粗目スポンジをモミモミ。
産卵する石も平らに置き直し!

もうね・・次回の産卵に備えて相当やってしまったのですよ。
その時点で1匹でも水中を漂っている稚魚がいれば発見したのですが
あいにく気付かなかったわけ。

で、昨日帰ったら稚魚がワラワラでしょう?
水換えで速攻産卵&孵化したのかと。
・・・でもね、石に二度目の産卵なんて確認していないんですよ。
稚魚にヨークサックなんてないわけですよ。
まだとても小さいけど、親に寄り添って遊泳しているし・・・
ってことで!
こいつらは初産卵で孵化した子と断定しました。
(haswayさん、おまつさん ありがとー)

そして本日の動画が↑それなわけなんですが
昨日150匹近い数がいたのですが
本日は100前後のような気がします。
少しだけ数のボリュームが減った感じ。

さらに、動画に写っているのはオスなんですけど
こいつがジャグジー三昧だった旦那か?
と思うほど気合を入れて育児しております。
メスはオスに攻撃されて稚魚に近づけず
水槽の奥でイジケております。
こういう点は仲良く育児していたドンガとは違いますね
(あぁ。。。ドンガみたいに仲良くしれー)


ラミレジィの稚魚孵化!!
2006年06月05日 (月) 03:23 * 編集
本日、帰宅すると稚魚がワラワラ・・・
tigyo1

ドイツラム(ラミレジィ)が二度目の産卵で見事に孵化です。
ジャグジー三昧のオスも今回は頑張ったようです。
前回はライトも点灯したままでしたが・・・
まさかすぐに産卵するとも思っていなかったので消していました。

一体何匹いるんでしょうか・・・
はっきり言って数えられません。
100匹は軽く超えていますねぇ
200近いんじゃないでしょうか?
ドンガの稚魚に比べてもとても小さく生まれるんですねぇ
tigyo2

稚魚達は親のまわりを囲むようにみんなで移動します。
で、群れから離れた稚魚がいると親が口に吸い込んで・・
「クチュクチュ・・ペッ!」と群れの中に稚魚を戻します。
(なぜかクチュクチュってしてから吹き出す)
tigyo3

ここから成魚に育つのは一体何匹くらいでしょうか
みなとの超テキトー飼育での目標は「6匹!」
(ハイ&ロー クイズになりそうw)

パラオトシン・マクリカウダ
2006年06月03日 (土) 04:20 * 編集
ぱらら01

昨日お迎えしたうちの1匹
通称「パラオトシン・マクリカウダ」君。
本当は「パロトキンクルス・マクリカウダ」だけど・・
でも「パラオトシン」で通ってる子。

ちょっと痩せてるねぇ~
まだ人工飼料を食べてくれないので心配です。
もう1匹のリネロリカリアは何でも食べてるけど・・・

でも、ヒレも少し赤くなって色が戻ってきたかな?
あまり逃げないし、顔は可愛いんですよ
ぱらら02

早くうちのデフォな体型になってくれるといいなぁ・・・
ま、どんなに頑張ってもリネロリカリアはコロパツにならんだろうなw

オマケ画像(オトシンつながりで)
ネグロと並オト

ま、本当につながってるってだけの画像ね(笑)
ネグロっち&並オトの仲良し?風景です。
イメチェン?今年の出たよー(ADAカタログ)
2006年06月01日 (木) 21:55 * 編集
adakatarogu

今日ショップで貰ってきましたよー
皆様御存知のADAカタログの2006年度版!
今までの横型から縦型にモデルチェンジされていました。

内容的には・・・ページ数が194頁くらいに増えてますね。
あと、圧巻なのが「天野 尚氏が作るネイチャーアクアリウム」!!
20ページ以上にも渡って天野氏実演の90水槽のレイアウトを
制作行程ごとに写真解説!
多分、レイアウト水槽を目指している人には必見なのでしょう。

自分的には「侘び草MIX」やビオトープグッズが目新しいかな。

さ、毎回ゲットしている皆様!忘れずに貰ってきてね~


さて、ちょっとだけお迎え
omukae0601

現在水合わせ中!!
あ、卵は全滅ね
2006年06月01日 (木) 01:35 * 編集
先日の産卵ラッシュ・・・
その日のうちにディスカスの卵は全滅。
(レッドラインと親の餌になりました)

さらにドイツラムの卵、3日目の朝まではあったのですが・・
夜、帰宅して見てみると。。。こちらも全部消えてました。
ラムはオスが卵を守るみたいだけど・・・
うちはメスがたまに守るだけで放置。
オス?はジャグジー三昧。

そうそう、産卵前日の産卵床の掃除もですね
メスは石を掃除。
オスはエアストーンを掃除・・・orz
もう、この時点で性格の不一致。
ってか、オス?が天然入ってる。
そんなところに産めるわけないじゃん!

まだ初回ですのでこれから何度か練習ですね!
プラティ稚魚も隔離しましたのでペア単独にて挑戦です。

さて、これは先日のディスカス産卵の様子です。


なんとなく「どんな風に産むのか?」っていう雰囲気だけでも伝わるでしょうか?

解説

初めに登場しているストライプがはっきりしている子がオス。
放精している模様
後から登場してくるストライプが切れてスポット状な子がメス。
こちらが産卵している模様
(良く見ると産卵管が見えます)
気長に産卵を続けるので途中で餌を食べたりしてみたり
オスメスが交互に産卵&放精を繰り返していました。
ま、なにぶんディスカス初めてなのでこれが本来の産卵方法かは不明(笑)

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。