ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッククライミング
2006年04月30日 (日) 03:10 * 編集
エビ水槽の流木が汚れたので撤去。
並ビー水槽で掃除してもらうのです。
で、代わりに溶岩を1つ設置してみました。(puku家溶岩 with NANA)
rock1

うちの日の丸ちゃんが岩に気付きましたっ!
ロッククライミング開始です。
rock2

エビは水槽に新しく何かが入れられると
こうして寄ってきてツマツマして確認します。
これは溶岩でも流木でも同じです。

↓うちの日の丸2匹揃いの図
rock3

「何故登る?」
「そこに岩があるから」
きっとそう答えるでしょう。
rock4

実はこの水槽のソイル、限界を感じています。
先日も孵化した稚エビがほぼ全滅。

2匹いるメスは抱卵もしません。
現在、抱卵個体がいない寂しい状況です。
多分、ソイルを換えればまた抱卵するとは思います。

さて、エビだけではお魚派が寂しいと思いまして
dongararan

今日のドンガぁ♪(今日のワンコ調で)
独り寂しく巣に篭る未亡人ドンガちゃん
またいつか綺麗な婚姻色を見せてくれる日を・・・
スポンサーサイト
まさか。。。オッドアイ効果!?
2006年04月27日 (木) 23:58 * 編集
折角の休みも天気が悪く寝てました。
夕方から近所のホームセンターでお買い物。
冷凍餌と、90cm水槽の水換え用に「なおさんご推奨」の
「風呂ポンプ&ホース」を買いました。

そのホームセンターのペットコーナーでは
水棲昆虫(ゲンゴロウなど色々)やサンショウウオも新たに売っていました。
アカハライモリも100匹近くに増えてたなぁ

まだ90cm水槽の水が出来上がっていないので生体はお連れしませんでした。

そうそう、宅配がね。
何も届く予定などないのに何か持ってきましたよ!
on8

↑黒くて何か解りませんねw
千葉のご当地FM「BayFM」の当選品!!
仕事で暇だった時に携帯で「Tシャツ欲しい」って応募してたの。
その時ラジオでメッセージが読まれてたから
「当たるかもぉ」と期待していたのですが・・・
番組とスピッツのコラボTシャツです。

これももしや。。。オッドアイの幸運を運ぶ効果!?(笑)
ま、ちっちゃい運やねぇ

ドンガの稚魚は元気です。
donga427

冷凍ブラインベビー&テトラフィンベビーをよく食べます。

この隔離している容器は
「日本動物薬品株式会社 BABY・BOX DX」
という卵胎生メダカなどに使うケースなんですが・・
このベビーボックス、いいね!
エアストーンが入っていて軽い水流が出来て
小さなマットでちょっとだけ濾過もしてくれる。

で、何がいいかって。。底にスリットがあってフンや残餌が溜まらない。
だからケース内はいつも清潔に保たれる。
底床の汚れで稚魚が落ちる危険がないって感じ。

ま、プラティの産仔の時もしっかり稚魚が親から隔離されて
非常に優秀な稚魚シェルターとして機能したしね。
そのまま稚魚育成にも使えてお勧めな商品です。

↓これは先日のレッドライン・トーピード・バルブ
redline

ピンボケだから載せなかったけど。。。
一生懸命携帯で撮ったもので・・
どうも捨てるに捨てられないのでオマケで載せました(笑)
蒼星石
2006年04月26日 (水) 06:04 * 編集
「オッドアイ」
動物などに見られる左右の目の色が違う個体。
白い猫などに見られるが、日本では「金目、銀目」として珍重される。
噂では飼主に幸運が訪れるという・・・

また最近ではアニメの萌えキャラにもオッドアイな女の子がいますね。

↓うちのオッドアイ(風)
オッドアイ

ポリプテルス・ザイールグリーンです。
(最近ようやく学名が「ポリプテルス・モケーレムベンベ」にw)

どうも右目を怪我した模様。
病気か怪我か不明だけど膜が変色してしまった。
その目を撮影しようとしたらこんな画像に。
治るかなぁ・・・

タイトルにある「蒼星石」とは
アニメ「ローゼンメイデン」に出てくる
オッドアイの女の子の人形の名前です。
このままオッドアイ状態が治らない場合は「蒼星石」という名前をつけます。
群れ群れ
2006年04月25日 (火) 04:01 * 編集
以前ご紹介した「エトロピエラ」
覚えていらしゃいますでしょうか?
ええ「アフリカン・グラスキャット」とも呼ばれいるナマズの仲間です。

3匹お連れしてみたものの底で群れるだけ
ようやく水槽に慣れてきて中層で泳ぎ始めたら・・・
ラミレジィのオスに2匹も撃墜されてしまいました。

1匹残っていたのですが、本来群れる魚が1匹だと弱ってしまいそう。
って事で5匹追加してみました。現在計6匹に。

6匹いると水槽内での力関係にも影響があるらしく
今回は堂々と中層で群れて泳いでおります。
画質が悪いですけど動画で載せます。(携帯撮影不可にてw)



やはり当初の3匹では少なかったのかもしれません。
丁度ショップに5匹残っていてくれて助かりました。
90cmスリム水槽へ引越し
2006年04月22日 (土) 05:35 * 編集
狭い水槽で窮屈な思いをしていた魚達のために
予てから導入するつもりだった90cmスリム水槽を立ち上げました。
90s

今回はベアタンクです。
↓こんな子達がいるため
po

上部フィルターとフィッシュレットに濾過を担当させます。

中層を泳ぐ花形には
↓こんな子をメインで入れてみました。
red

はて?正面からでは判らないですね。
「レッドライン・トーピード・バルブ」です。

ポリプテルス・セネガルス・アルビノ(ショートボディ)
ポリプテルス・ザイールグリーン
ニュー・レインボースネークヘッド
レッドライン・トーピード・バルブ2匹

大きさ的には全員が10cm以上あるので捕食されたりする事はないでしょう。
ポリプとレッドラインの関係も概ね良好です。

広い水槽に移ってからというもの
アルビノのセネガルスは泳ぎまくっております。
これほど遊泳性があったとは・・・とビックリ。

ニューレインボーは今回画像がありませんが
引越し後、ヒレの発色がとても綺麗になりました。

レッドライン・トーピードは背中が緑変して綺麗なのですが
決して泳ぎをやめてはくれませんので携帯では撮影困難。
なので少しだけ動画で見て下さい。



この移動に伴い、40cm水槽が空き。
またジェムを並ビー水槽へ引越しさせたので20cmキューブ水槽も空き。
この2台の空き水槽はプラティ稚魚やドンガ稚魚の成長に合わせて
様子を見ながら使っていきます。
「初めての朝」 (ドンガ日記)
2006年04月21日 (金) 06:17 * 編集
ドンガのオス

遅く起きた木曜の午後
薬浴中のドンガのオスの症状に改善がみられない。
「待ってろよ。ショップに相談して新しい薬、買ってきてやるからな」

休みの日のショップ通いは楽しみの一つではあるが
今日は少し落ち着かない。

雨はすっかり上がっているものの外は風速20mの暴風で荒れていた。
焦る気持ちからか普段より飛ばしている自分がいる。

ポップアイ


「目、両目とも大きくなっちゃったね。 痛い?」
水槽の底で大きく荒い呼吸をするオスに寄り添ってメスが様子を伺う。

「いや、痛くはないけど・・・もう良く見えないかな」
「口の回りもタダれてきたね」
「ああ。ちょっと苦しいかな」

「ゴメンな・・」
「え?」
「そろそろもう一度子作りするつもりだったのに」
「大丈夫よ、治ってからにしましょ」
「お前の。。綺麗に染まった腹を見たかったのに・・目が見えないや」
「あは。今は染まってないわ」
「ああ。知ってるよ」
「見えないのに?」
「目なんか見えなくたって、水の動きでわかるさ」
「へぇ~!なんか凄いっ!」
メスは自分がヒレを震わせて起す水の僅かな動きさえもオスが感じとってくれているのが嬉しかった。

「ねぇ、私の事。。好きになってくれてありがとう」
「な、なんだよw突然に」
「どれくらい好き?」
「は?」
「私の事。どれくらい好き?」
「そりゃ凄いよぉー」
ヒレを広げたり、水槽の中を泳いで表現したいが・・動けない。
ワクワクして答えを待っているメスにオスが言った。
「この飛び出た目玉くらいっ!!」
「ぷっwそんなに好きなんだぁ(笑)」

苦しいだろうに、懸命に自分を笑わせようとするオスの事が愛しくて堪らなかった。

ペア

「私、貴方と一緒で良かった」
「あぁ。俺もだ」
「生まれたアフリカの河で人間に捕まった時も」
「何度も水槽や袋で旅した時も」
「うん」
「貴方がいなかったら辛いだけの日々だったと思うの」
「いつも貴方が傍にいてくれたから、どんな時でも楽しかったの」
「掘り過ぎて  巣が潰れた時も?」
「ええw どんな時も」

どれくらいの時間だろうか
他愛もない思い出話を楽しそうに語るメス。
オスは言葉少ないながら相槌を打つ。

「ねぇ、あの子達はまだ小さかったけど元気に暮らしているかしら」



「ねぇ・・・まだお話の途中なのに・・・」




「ねっ!私ねっ!」



もう、彼のヒレもエラも。。口も。。動く事なく静かに横たわっていた。

More...
ドンガ日記4月18日
2006年04月18日 (火) 05:26 * 編集
携帯電話をバケツにダイブさせてから
とても不便な日々を送っておりました。

アラームが鳴らず朝が辛い。
携帯は繋がらない。
シャッター音が鳴らない。(盗撮可能w)

アラームが鳴らないのが一番辛かったので機種変。
でもね、カメラの使い方が不便過ぎ・・・
で、結局古い携帯で撮影(笑)

隔離したドンガの稚魚です。
tigyo01

ここ数日、稚魚がかなり減少。
さらにオス親がポップアイ・・・
ま、最初から目の回りに傷があってポップアイ気味だったんだけど
ソイルの汚れで悪化した模様。
tigyo02

稚魚孵化までは我慢してもらって、先日には巣の手前を掃除したんだけど
オスが巣から出て来なくなり、メスだけで稚魚を見ていた。

今日はもう呼吸が荒くなって水槽手前に出てきてたオス・・・
(こういう時ってもう危ないんだよね)
木曜にリセットを予定していんたんだけど
ここまで悪化したらもう待っていられない。

慌てて親をプラケに隔離してから
稚魚を掬う。。。。これが困難極まりない!!
中にはソイルに潜ってしまう稚魚まで出てきてソイルだか稚魚だかorz

なんとか捕獲して数えたら12匹しかいませんでした。
とりあえずプラティ稚魚と一緒に産卵BOXに隔離。

親魚はソイルを捨ててベアタンクにリセットした元水槽へ。
薄いエルバージュで様子見。
もう底から動けないっぽいので危篤状態は続く。
オス単独で薬浴も考えたんだけど
愛し合った二人を離す事によって余計衰弱されたら困るので一緒に。

なんかね、凄いの。
巣の中のソイルは汚れきっていて残餌とかも溜まってたんだけど
ここ数日オスがここから出て来ないわけ
メスが入ろうとするとオスが威嚇して入れないの。
「ダメだっ!ここは汚染されているから来るなっ!!」
「そ、そんな貴方・・・」
「お、俺はもう発病してしまった。お前や子供達には伝染させたくないんだ」
「いやよっ!貴方と一緒にいたいのっ」
「入るんじゃないっ!お前は生きるんだ・・」

メスは子供達の面倒を見ながらもオスが気になって仕方ない。
一生懸命巣の入り口に近寄り、様子を伺う。
しかしオスは頑なに威嚇して決して中に入れようとはしない。


ベアタンクにリセット後、子供達のいなくなった水槽。
これが最後になるかもしれない二人だけの時間。
「バ、バカだなぁ・・近寄るなと言っているのに」
「ううん、そんな事はどうでもいいの・・・」
「そんなこと?」
「ええ。だって 死が二人を分かつまで あの日そう誓ったじゃありませんか」
「・・あは・・そ、そうだったな・・・w幸せ者だな・・俺」


ま。そんな感じ。



コリドラス・パンタナルエンシス
2006年04月12日 (水) 05:44 * 編集
パンタナル1

コリドラス・パンタナルエンシスです。
2匹一緒に撮影出来たので久々に載せます。
ダイヤモンド・ペレズ・テトラも写ってますねー
パンタナル2

この、手前の個体のように濃い体色をしている時が一番好き。

うちで唯一の「メジャーじゃないコリドラス」です。
あとのはメジャー種ばかりですからねぇ
コリ水槽の「主」としてオーラを発しております。
どんだけデカいのか比較
2006年04月12日 (水) 05:36 * 編集
うちの巨象「エキノドルス・エレファント」
おいおい一体どんだけデカいんだよ・・・とお魚と比較してみましょう
えれ00

ミニブッシープレコは8cmくらい?
それが小さく見えてしまいますねぇ
あれ?奥に珍しくラミレジィのオスが写ってます。
えれふぁ01

グリーン・ネオンなどは3cmくらい。
テトラ・オーロも写ってますねー(ボケボケですが)
えれふぁ02

オトシン・ネグロは4cmくらい。
この葉に何十匹も乗れそうです。

巨大化する葉を見守る日々・・・
「ワンダーな巨象」現象と命名しております。
若エビ達
2006年04月11日 (火) 04:34 * 編集
さて、多分ドンガ日記の動画を見られない方もいらっしゃるかと思い
もう一つエントリーしておきます。

レッドビーの若エビ達。
まずは日の丸君から
日の丸ちゃん

モンモリロナイト、白い塊のはずが。。コケで覆われて妙に綺麗!
(綺麗だと思うのはコケフェチだけ??w)
まだ若エビは1cmちょっと。
早く繁殖可能サイズにならないかなぁ~
若エビーズ

こちらにも別の日の丸ちゃんが。

あとはVバンドをこの水槽に残しています。

ラムズホーンは先週大きいサイズを全てここから出したのに
もう稚貝からここまで成長してるし・・
エビ水槽は天敵がいないのでラムズ天国なんですよねぇ

ドンガ日記4月11日
2006年04月11日 (火) 02:49 * 編集
孵化して3日が過ぎて4日目突入のドンガ稚魚達
今日は餌を探す仕草が出てきた。
冷凍ブラインベビーをスポイトで与えている。

多分食べてくれていると思う。
行動範囲も底だけではなく、スポンジフィルターの上にも乗って食べている。
稚魚の行動は親が抑制するわけではなく
稚魚の行く先に自分達も一緒に移動して見守る。
オス、メス協力し合って監視しているのが感心(笑)

この水槽はライトが8W、さらにソイルを敷いているためとても暗い。
さらに水槽奥はカメラのピントが合わないポイント。
稚魚達はソイルと同化し、親も黒っぽくなっているので・・・
と、とにかく動画を撮影してみたけれども見づらい。


ミジンコのようなチビ達が見えただろうか?

多分、飼育の基本としては今日あたりからブラインを沸かすのだと思う。
でもね、ショップの稚魚達は何も与えていないんだって。
「水槽の中の何かを食べてるんでしょうねー」
と、店長が言っていたけどね。ベアタンクでスポンジ濾過・・・w

自分は今までブラインを沸かした事がない。
いつも冷凍ブラインベビーで卵胎生の稚魚などは平気だったし。
それにね、自然界でブラインなんて湧いてないと思うの。
と、屁理屈を言ってみる。

ま、とにかく「ブラインは不要!」が自説(笑)
冷凍ブラインベビー→テトラフィンベビー→冷凍ミジンコ・・
そしてテトラミンと冷凍アカムシを食べられるサイズまで育てる。
それが理想っす。

国産グッピーなどの場合、稚魚の段階でブラインをこまめに与えないと
「いい個体に育たない」というセオリーもありますけどね。


産まれたよぉー
2006年04月10日 (月) 04:04 * 編集
稚魚1

先日隔離したプラティのママ
今日帰宅したらもうお腹がすっきり!産んでましたぁ
隔離しておいて良かったぁー(笑)
稚魚2

まだ出産前のソワソワがなかったので数日先だと思ってました。

稚魚は30匹くらいかな?
卵胎生の魚(グッピーやプラティ、モーリーなど)は
産まれた時からちゃんと魚の姿をしているのです。
オスが赤いムーンプラティ、メスがブルーのミッキーマウス。
さて、稚魚はどんな雑種になるんでしょう??

出産を終えたママは、無加温水槽に戻すのも忍びないので
60cm水槽に。。。
60cm水槽に入れて。。。
60cmすいそ
60cmす??  ・・・??!!!

ヘゲェ!!
え。。。エレファントがぁぁぁ!!
え、??なぜ2枚・・

エレファントの葉がまた1枚巨大化してるぅっ!!

8日に撮影した画像の時は小さかった葉が・・・
なぜ二日で・・・
ダンボだから??
耳は2つだから??

しかも今回のは縦長で葉長は20cmもあるよぉorz
一つの成長が止まると次のが成長するのか・・・
恐るべし。。。エキノドルス

「ドンガ日記」

さて、孵化2日目のドンガの稚魚
相変わらず水槽奥のスポンジの下が公園らしい。
ヨークサックもまだある。
数は。。。よく見えない。
昨日より若干ではあるが意思が出てきた気がする。
散歩の時間も少し長いかも。

プラティの稚魚と比べると魚というより「おたまじゃくし」
頭がデカくて尻すぼみ。
無色ではなく、ごま塩色。模様もある。
両親に守られながら母親の下で群れている。

メスが餌を食べに行くと、その間はオスが守る。
で、たまにオスが巣のメンエナンス(ソイル移動)

早く水槽全体に冒険の旅に出てもらいたい。(狭いんだけどw)
緊急速報!!
2006年04月09日 (日) 04:50 * 編集
スドーのナイスニィー産卵窟を新居として過ごしている
ペルヴィカクロミス・タニエアートゥス・ドンガ夫妻。
最近、別居生活をしていました。

メスがお部屋を使用し、オスはスポンジフィルターの下に野宿(笑)
お部屋の出入り口は前も後もソイルで壁を作り
体がギリギリ通れるだけの要塞状態。

メスの婚姻色も薄れ、産卵&繁殖の期待も遠のいたかな・・・
と思っていたのですが!

本日餌をやろうと水槽を覗くとですね
なんだか大きなミジンコがワラワラ・・・
良く見ると稚魚でしたっ!!孵化しちょりましたぁ!

両親に守られながらスポンジの下を散歩しています。
いつ生まれたんだろ??
クイズの正解発表前に発見されなくて良かったですね(笑)
って、昨日水換えした時はいなかったので今日孵化したんでしょうけど。

20匹以上はいますねぇ・・・
なんてガン視してたら母親が警戒した模様!
稚魚を数匹パクパクとお口に!
(ひぃ!食べてしまったぁ)
そしてお部屋に引っ込みまして・・・
出てきたと思ったらまた数匹パクパク!!
と。。数回繰り返して稚魚は1匹もいなくなってしまいました(笑)
どうやらお口に咥えて巣に運んでいるんですねぇ~
よく食べてしまわないで運べますよねぇ。。感心です。

ま、あまり干渉せずに見守りたいと思います。
先日、ショップでこの子達の兄弟が元気に成長しているのを確認。
うちの子も元気にあれくらいになればいいなぁ

ところでペルヴィカなどは水質で稚魚の性別の比率が変わるんですよ。
酸性だとオスばかり多くなって、アルカリだとメスばかり多くなる。
だから中性あたりが一番バランス良くオスメス生まれる。。。
今回はちょっとアルカリ寄りのpH7.4です。
まだ産卵していないだろうと思って少し上げておいたんです、昨日。
どんな比率になるんでしょうねぇ

画像はまだ無理でしたので代わりに・・・
プラティ隔離

1年以上使用機会のなかった産卵BOXに隔離されたプラティのメス(笑)
出産はまだ先ですが・・・
無加温水槽からの移動ですので早めに慣れさせるために
早々と移動してもらいました。


象!?草履!?
2006年04月08日 (土) 06:34 * 編集
先週導入した水草デネリー社の「エキノドルス・エレファント」
一度枯れてから「水中葉」が出てくる予定ですが・・・
草履

枯れる前になんだかやたらデカくなってきました。
葉の長さは16cmを軽く超え・・・葉幅も10cm以上・・・
何!?エレファントってそういう意味なの!?
象みたいに巨大になるって事!?
それともダンボの耳みたいになるって意味??

もうね、水槽の中央に緑色の草履があるみたいな威圧感(笑)
今のところ巨大化したのは1枚だけだけど・・・
10枚ある葉の全てがこうなったらどうしましょう!
枯れるのを待つべきか・・・切っていいものか・・・
まぁ、恐怖を感じながらも楽しいので放置しております。

先日、休みの日にショップを2店ほど巡ってきました。
今回は1周年クイズの最中でしたので生体を増やすのは自粛。
餌や備品を中心にお買い物。

キョーリンの超高性能活性炭「ブラックホール」が
なんと380円でセール中でした。
今までで最安値!思わず2つ購入。

あとはレッドビー用の「いれとかナイト」なる鉱石を購入。

このショップは1周年という事で会計時にくじ引きをやってました。
くじ運のないみなとは勿論「参加賞」!!
店員さんが「どんな種類の魚を飼ってますか?」
「ん?色々・・・」(普段常連化してる店とは別のため)
店員さんがキョトンとしながら
メーカー試供品の餌のサンプルを持ち出してきた。
とりあえず「キャット」の試供品を1つ選んで貰ってきました。
くじ運があったら今頃・・・新規水槽を立ち上げていたかもしれませんね(笑)

先日の「1周年記念クイズ」の生体数について
皆様から
「よく数えましたねぇ」とコメントいただきましたけど
基本的にうちでは魚が勝手に殖える状況ではないので
自分がお連れした魚しかいないわけです。

で、お連れした匹数も覚えていますから
あとは主要メンバーなど毎日観察しているのでそれほど合計は面倒ではありません。
これは10匹飼育でも100匹飼育でも大して変わらないっす。
うちは多種だけど1つの種は少数なので出来るんですけどね。
これがカージナル・テトラだけで200匹!とかだと「野鳥の会」みたいになりそうですけどね。

そうそう、みなとは昔北海道の競走馬の育成牧場で馬乗りの仕事をしていた事があるんですが・・・
まだ仕事始めたての頃・・・

そこの牧場には2才馬が70頭ほどいましてね
その70頭がそれぞれ馬房に「お部屋」があるんです。
お部屋には「父○○ 母○○ の仔 4月○○生まれ」
みたいに書いてあるのでお部屋がそれぞれ決まっているんです。

馬がずーっとそのお部屋にいればいいのですが
毎日午前中に放牧しましてね、その間に小屋の掃除したりするわけ。
掃除して、馬乗って。。。馬乗って。。馬乗って。。
で、夕方には小屋に馬を戻すわけですよ。

でもね、考えてもみて下さい!
学生時代、45人のクラスメイトの名前を覚えるのに数ヶ月掛かる「みなと」・・
馬なんてね、正直みーんな馬!(笑)
区別なんて出来ないっつーのっ!
そりゃ茶色もいれば黒っぽいのもいる。。違いはあるのだけれど
茶色だって何頭もいるわけ。

さぁ、放牧している馬を今度は引き連れてお部屋に戻すわけですが
他のスタッフは全員が馬を識別していますけど。。自分は???
一体今手綱を引いているこの馬を・・
はたして、どの部屋に入れればいいのだろう・・??

仕方ないので他の先輩に聞いたわけです
「すいません、この馬はどこに入れればいいんですか?」
すると先輩達は笑って
「馬に聞けw」
「はぁ??」どうすりゃいいんだ??イジメか??これは
俺はこのままここでイジメられてボロボロに!?
なんて不安を抱きつつ馬を引き連れて馬小屋に戻りますとね・・
なんと!

馬が勝手に自分の部屋まで連れていってくれるんですよ俺を(笑)
で、自分のお部屋に自分で入ってくれる。
馬ってお利口さん!!

そうして馬に教えてもらっては名前を覚え・・・
(だいたい母親の名前で「リボンの仔」とか呼ぶ)
そうこうしているうちに70頭全てが識別出来るようになったわけです。
人間って不思議なものですねぇ
みんな「馬」にしか見えていなかったはずが・・
見た目はまるで同じ双子の馬すら区別出来るようになるんですよ!

さらに、目隠しして馬に乗ったとしてもですね
その馬の「乗り心地」でどの馬か判るようにまでなるんです(笑)

あれ??話がとんでもなく長く脱線してしまいましたけど
ま、飼っている魚の数を数えるのは大した事ない、ってことっす!





1周年クイズ正解発表!!
2006年04月07日 (金) 03:23 * 編集
飼主自体も正解を知らないヘッポコクイズにご参加頂き
誠にありがとうございました。
本日午前零時を持ちましてエントリーの受付を終了させていただきました。

それでは個人的見解でカウントした種と匹数の発表です。

まずはコリドラスなどのナマズの仲間から!

・Co・トリリネアトゥス(ジュリィ) 5匹
・Co・ステルバイ 2匹
・Co・コンコロール 2匹
・Co・デュプリカレウス 2匹
・Co・パンタナルエンシス 2匹
・Co・ポリスティクタス 1匹
・Co・コンディスキプルス 2匹
・Co・アエネウス(ロングフィン)2匹
・Co・アガシジィ2匹
・Co・ハラルドシュルツィ2匹
・Co・パンダ1匹
・Co・エクエス(ベネズエラ・オレンジ)1匹
・Co・アークアトゥス2匹
・Co・ハスタートゥス3匹

・オトシンクルス(並)8匹
・オトシン・ネグロ8匹
・ネグロ似の「LG-4」1匹
・グリーンオトシン3匹
・パトロキンクルスspスピロソーマ2匹

・ミニブッシープレコ2匹
・クイーン・インペリアルタイガー・ペコルディア1匹
・ペルー・インペリアルタイガー(ドワーフ・パナクエ)1匹

・ブルー・レオパード・タティア3匹
・シノドンティスspフェザーフィン1匹
・エトロピエラ3匹

以上ナマズの仲間っぽい奴等「25種 62匹」
次はコイ・ドジョウの仲間かな?

・サイアミーズ・フライングフォックス1匹
・レッドライン・トーピード・バルブ2匹
・yomaダニオ(未記載種)1匹
・ドワーフ・ボーシャ1匹
・タニクティス・ミカゲムマエ(ベトナム・アカヒレ)8匹
・ラスボラ・アクセルロッディ(ブルー)2匹
・クーリー・ローチ2匹
・クラウン・ローチ1匹
・ボララス・ブリジッタエ1匹

以上コイ・ドジョウの仲間風「9種 19匹」
次はメダカの仲間

・アフリカン・ランプアイ9匹
・クラウン・キリー1匹
・チョコレート・モーリー2匹
・ミッキーマウス・プラティ1匹
・レッド・コーラル・ムーン・プラティ8匹

以上メダカの仲間「5種 21匹」
さて!お次は「カラシン」

・ドワーフ・ペンシルフィッシュ3匹
・テトラ・オーロ5匹
・グリーン・ネオン10匹
・ダイヤモンド・ペレズ・テトラ2匹
・プラチナ・ダイヤモンド・ペレズ・テトラ2匹
・ロージィ・テトラ4匹
・ラミノーズ・テトラ4匹
・ヘッドアンドテールライト・テトラ2匹
・コペラ・ナッテレリィ2匹
・コペラspタバジョス4匹
・レッド・ファントム・テトラ5匹

以上カラシン達は「11種 43匹」
残りは少し!シクリッドの仲間

・チェッカーボード・シクリッド1匹
・ラミレジィ(ワイルド)1匹
・ペルヴィカクロミス・タニエアートゥス・ドンガ2匹

シクリッドは落としまくりの「3種 4匹」
スネークヘッド、レインボー・フィッシュその他

・スカーレット・ジェム3匹
・ニュー・レインボー・スネークヘッド1匹
・ポリプテルス・セネガルス・アルビノ(ショート)1匹
・ポリプテルスspザイール・グリーン1匹

いよいよ大詰め 「4種 6匹」
残りは・・・

・ヤマトヌマエビ3匹
・ロックシュリンプ2匹
・レッドビーシュリンプ
・レッドラムズホーン
・アマミシリケンイモリ3匹

で、「5種 8匹」

それでは・・・集計の発表ですっ!!

合計飼育数 「62種 163匹」!! 

多種、少数ですねー!!
自分でも初めて把握した次第です。

皆様の予想した数値はいかがでしたか?
「何種?部門」は・・・・
62種に対して「63種」と回答された 「けんこさん」!! 
「何匹?部門」は・・・・
163匹に対して「162匹」と答えてくれた 「golbiさん」!! 

上記のお二人を「勝者」とさせていただきますっ!!
お二人とも誤差1のニアピンでしたねー
多分、みなとがこのクイズに参加しても負けていたと思います(笑)

なお、プレゼントに関しましてはお二人とご相談させていただきますので
管理者にしか見えないコメントでメアドを入れておいて下さいね!

本当に多数のご参加、感謝です!!
これからもよろしくお願いいたしまーす。


祝!「ブロっコリ!」1周年クイズぅ~♪
2006年04月04日 (火) 04:39 * 編集
2005年4月1日から始めた当ブログも
気付けば丸一年が経過しておりました。

これはね、とても驚異的な事なのでございます。
なぜか?

実は私「みなと」は「三日坊主」にも満たない「二日坊主」だから(笑)
日記の類を二日以上続けた経験がなかったのです。
記事をエントリーしてもコメントなど全くないまま
ただ画像を置くだけの日記としてダラダラ・・・

もうね、2週間で1件のコメントとか普通w
それでもこうして続けられたのはですね
アクアブログを通してお知り合いになれた皆様のコメント
さらに、その方々のブログで知り合った魅力的な魚達・・
そんな繋がりがあってこそ継続出来たのだと思います。
この場をお借りして御礼申し上げます!!

そこで!!
日頃の感謝を形に!!って事で
1周年記念プレゼント企画!!
「いったい、みなとの飼ってるお魚は何種何匹!?クイズぅ~」

いや・・まだ自分も数えてないんだけどねw
お連れしても落ちてしまって今はいない魚もいるし・・
チビコリ水槽崩壊事件もあったし・・・
飛び出したければ飛ぶがいいさ!と放任主義な水槽が多いし・・

「何種?部門」「何匹?部門」の2つをクイズにしたいと思います。
クイズにご参加下さいます際には
例:「15種40匹」 みたいに書いて下さいませ!
各部門で一番正解に近い方を勝者とさせていただきます。
ブログには落ちた記事を書いていない場合もありますので
いくら読み返しても正解は出ませんので適当にね(笑)

なお、日淡の魚は今回度外視。
レッドビー&ビーはエビとして1種としますが匹数には入れません。
ヒメダカなどの生き餌は種にも匹数にも換算しません。

そして!
一番重要な「賞品」!!
これは正解者(勝者)の方と「ご相談」させていただきます(笑)
だって「綺麗なエビ!」とかだとエビ飼ってない人には不要でしょ?
とりあえず「喜んでいただける物」をお送りしたいと考えております。

ご参加はこの記事のコメントにて。
二度以上の書き込みの場合、最終書き込みを採用。
参加条件は特になし。

締め切りは4月7日午前零時。

以上、ふるってご参加下さい


先日お迎えしたエトロのちょっと動画
2006年04月03日 (月) 04:35 * 編集
エトロピエラ
ナマズの仲間で遊泳性がある。
と、紹介しましたが、水槽に慣れてくるに連れ・・・
底モノになって参りました(笑)

少しだけ「プチ群れ動画」を


3匹しかお連れしなかったので本当に「プチ群れ」なんですよねぇ
6匹~8匹くらいで群れさせるといいかもしれませんねぇ
そういう意味ではあの透明なグラスキャットと同じかな?

ナマズの仲間といっても、コリドラスは1匹ずつ個性で見分けられるけど
こいつらは無理(笑)
3匹なのに同じに見える・・・ま、見分けても意味ないか。

もっと中層でホバリングするのかと思っていたのですが
中層は混雑しているので底の方に居場所を決めたようです。
実は底も混雑しているんですけどねぇ・・

テトラ・オーロ
2006年04月02日 (日) 03:12 * 編集
テトラ・オーロ

「テトラ・オーロ」です。
オスの1匹が尾筒部分の黒模様が長くクッキリしてきた。
白い腹鰭も長くなって実はとても綺麗。
・・・なのにボケボケ画像ですいませんorz
実はこの撮影直後、携帯を飼育水を入れたバケツにダイブさせてしまい
撮影不能になりました(笑)

別名「ベールフィン」と呼ばれる魚だけあって
小さいながらベールのような白い胸鰭は優雅で素敵♪

コリドラス・ハスタートゥスと一緒に飼っていますと
一緒になって群れ群れして泳ぐので可愛いのです。

2cm程度の小さい魚なので数匹は落ちる覚悟もしていたのですが
オーロ5匹、ハスタ3匹の計8匹の導入で脱落者なし。
何気に丈夫なのですよねぇ

チビコリを導入しようとお考えで・・・
ハスタートゥスを候補に上げるなら!
勿論、この「テトラ・オーロ」をお忘れなくっ!!

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。