ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラディショナルベタ
2005年05月05日 (木) 04:45 * 編集
502beta02s.jpg

ホームセンターでガラスビンに入れられて安い値段で売られているベタ。
青や赤のとても綺麗な魚。
水の汚れにも強く、ラビリンス器官で呼吸出来るのであんな狭いビンの中でも生きていける魚。

熱帯魚なんて飼った事がなくて、「あ、これなら簡単そうだし、綺麗だし、ビンで飼えるし・・」なんて人が飼いそうな感じ。
自分もコリドラスやグッピーからアクアリウムの世界に入らなかったらコッピーかベタを極悪な環境で飼うために買っていたかもしれない。

トリメン用のプラケースが生体不在のままで稼動していたのだが、タップミノーのバケツ水槽に投げ込み水作エイトSを奪われ水を抜かざるを得なくなった。
そこで思いついたのがエアレーションなし、ろ過なしで飼育出来る「ベタ」。
ビンの中よりプラケースの方が広いし、幸せだろう・・・なんて。
で、百円玉2枚程度で購入。
しかし!

連れて帰る道中、もう1件のホームセンターに寄って、水中フィルターを買ってしまっている自分・・・・
ベタのために水流をコントロール出来る水作のスペースパワーフィットとかいうやつ(水作エイトより高価じゃん バカ・・)

いやね、なんぼベタでも気持ち良く泳いでもらいたいわけですよ。
少しだけアクアリストになってしまった自分としては。
大磯敷いて、トリミングで余った水草入れて・・・

ベタ、気持ち良さそうです。
ビンの中であまり動かない(動けない?)ベタがさ、色々な物に興味津々で泳いでるんですよ!
「広けりゃちゃんと泳ぐんじゃん!」

色素を注入した「カラーコリドラス」
ビン入りの「ベタ」「アカヒレ」「ビーシュリンプ」
こういった販売方法はなんか「汚い手口」だと思う。
でも、購入のきっかけとしてそういった見た目や容易さから入った人の中からも飼育への興味や熱意が湧いてきて、「アクアリスト」が誕生する事もあるのだろうから全否定はしないけどさ。
でも、もっと違う方法があるんじゃないかなぁ・・・
スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。