ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディスカス専用水槽完成
2006年10月19日 (木) 05:13 * 編集
先日オークションで落とした水槽を設置しました。
45キューブ

45cmのアクリルキューブ水槽はディスカスのペア1組を単独で飼育です。
キューブの水量は80リットル
濾過はエーハイムの2026にダブルブリラントフィルター直結。
心配されていた水流の強さ(洗濯機になる恐れあり)も
スポンジフィルターを直結しているおかげで
流量最大(流量調節機能がある)でも非常に緩やかに収まっている。
エアレーションも兼ねて投げ込み式も一つ投入。
ヒーターは250wで現在29度に設定。

水流テストにプラティの稚魚を入れてみたところ
流される事もなく快適に泳ぎ回っていたので安心。
90cmポリプテルス&ディスカス水槽より綺麗な方のペアを引越しさせました。

今回、水槽の置き場所がテレビの真横という悪条件なため
前面以外の3面を黒いバックスクリーンでコの字型に覆っています。
またライトが1灯だけなので非常に暗いっす。

肝心のディスカスは高さも奥行きも余裕があるため
今まで水平方向の動きしか見せなかったのに
今回は垂直方向にもペアでシンクロなダンスを見せてくれたり
違った一面も楽しませてくれています。
やはり魚のためには水深も必要なんだなぁ・・と反省。
水槽サイズによって泳ぎが変わるのは新鮮でいいですね。

産卵筒はこちらから見えない場所にも産めるようにしてあります。
なので卵の色や様子は観察出来ないでしょうけど
二人の世界を満喫して欲しいものです。


さて、こちらはグッピー
フルレッド・スピアーテールの若魚です。
グッピ

ようやく色が出てきたのはオス。
一期生3匹のうちオス1メス2という結果でした。

二期生はベビーBOXにて育成中。
ぐっぴ稚魚

ようやくメス親も30匹前後の稚魚を産める体型になってきました。
(前回は3匹から6匹程度しか産まなかった)
スピアーテールの子供はスピアーテールなのか??
それを確かめたくってねw二期生が育つ頃には解るかな。
スポンサーサイト
水換えによる攻防
2006年10月03日 (火) 04:41 * 編集
ディスカスやポリプテルスが混泳している90cm水槽
うちにいるディスカスは先日2匹追加して4匹。

水槽向かって右側にある産卵筒をテリトリーにしていたのが古いペア。
度々この産卵筒に卵を産み付けている。

新しいペアのテリトリーは水槽の左側。
排水パイプやフィッシュレットがある側である。

新しいペアが産卵筒に近づこうとしても、水槽中央で威嚇し
頑なに産卵筒を死守してきた古いペア。
が、このバランスが崩れる時があるのです。
そう 「水換え」。

水換えの時、臆病なディスカスは産卵筒の後ろ側で4匹が固まって避難します。
この時ばかりは新しいペアを仕方なく迎え入れ
「い、今だけなんだからねっ!」
と言わんばかりの態度ながら水換えが終わるのを待ちます。

しかし・・・
この後、古いペアに悲劇が訪れたのですっ!

「このままじゃ新しいペアがイジケてしまうかもしれん・・・」
そう思った飼主が新しい産卵筒を左サイドに追加で投入したのです。

水換えが終わりしばらくすると
「ねえっ!もうあっちに戻ってよっ!」
「いや、、だって見慣れない物体があるやんっ!戻るの無理っ!」
「そ、そんなぁ・・・」
「ってか、この産卵筒、いい具合にコケてて落ち着くやん?」
「あっ!ヤダっ 何でっ!?」

新しいペアは温和で大人しい性格ではありますが
体格は古いペアよりも一回り大きいのです。
一旦テリトリーに侵入してしまえば地力の差は明白・・・
圧倒的な戦闘能力で古いペアの陣地を占拠し
古いペアは為す統べなく左側へと追い払われてしまいました。

↓戦いに敗れ、隅でイジケモードの古いペア
負けたペア


今までの居場所を奪われた2匹をよそに
新しいペアは欲しかった産卵筒を舐め回すように楽しみ
水換えによる効果も相まって
産卵しましたw

産卵しました(笑)

この新しいペアは卵をだいぶ下の方に産み付けましたが
とても綺麗に産み付けてあり、卵を守ったり水流を送るのが上手です。
これに比べると古いペアは産み付け方も守り方も稚拙な感じ。

下にエンドリケリィなどのポリプテルスが野暮ったく横たわっていますが
激しい攻撃を加える事なく放置の方向でいます。

ただし、産卵筒付近に浮上したり邪魔になるとポリプの背中をツンツンして
卵を守ります。
卵を守る

まだ有精卵は確認出来ませんが・・・
とても仲良しで優しい顔をしたペアです。
ペア割れを起す事もなく絆の強いペアを導入出来た事はラッキー!

ディスカスって産卵経験有り の完全ペアはそれだけで値段が跳ね上がるし
何匹も入れた中でペアが出来るのを待つのが普通。
こうして何も考えずに2匹を導入して、それがペアであるのは稀かも。

まぁ。。。。
心待ち

飼主以上に稚魚の誕生を心待ちにしてる奴等がいるのが不安ですけどねw

微弱で微妙な運
2006年09月23日 (土) 04:28 * 編集
うちには2匹のディスカスがいるんですけどね
増やしちゃいました。
4匹に増えてるディスカス達

2匹追加で4匹になったよ。
みんな同じ色系だからみんなには同じに見えるよね(笑)

木曜にね、かねだいに行って魚達の餌のまとめ買いしてから
(かねだいで安く買っても餌だけで1万超えたw)
いつも仲良くしてくれているショップに寄ったわけ。
で、いつものように全部の水槽をチェックして
店長と雑談して、先生と雑談して・・・・
ディスカス水槽にとても綺麗なディスカスを発見!
↓この子に惚れたわけ
綺麗な子なんですよぉ

水槽にはまだ値段が書いていない。
けれど「安くない」のは判る。
「この子、綺麗だねぇー」
「ええ、すんごい綺麗ですよ」
「いくらで出すの?」
「綺麗な方は1匹18000円くらいで考えていますけど。。」
「みなとさんならその2匹で12000円でいいですよ」

「オッケー!掬っちゃって」 ←昭和テイスト

そんなこんなで2匹をお連れしちゃったっす。
色はいまいちだけどオス

↑こっちはもっと色が揚がるかもだけど、今はイマイチ。
でもオス個体と思われるヒレしてる。

実はうちの2匹、卵を産むんだけど無精卵。
どうも2匹ともメスなんじゃねぇ?的疑惑がある。
で、オス確定個体を入れてみたかったのと
綺麗な個体に一目惚れしたのと・・・
魚が「連れてって光線」出してたから。

ま、既存の2匹がテリトリーを主張してバトルになるのは必至ですけどね。
(予想通り新参者はイジケてボロボロになったけど)
ちょっと自分なりの実験的要素が強い水槽なので真似はして欲しくないけど
どういった関係が築かれていくか、様子を見てみます。
More...
ディスカスとポリプのお食事風景
2006年06月15日 (木) 00:52 * 編集


前回の記事のコメントにて「おまつさん」よりリクエストのあった
「ディスカスハンバーグのお食事風景」です。
スローイーターなディスカスに合わせていたら撮影時間が長くなり
かなり重くなってしまいました。

本来は板状のまま入れるんですけど・・・
そうするとエンドリケリィが咥えて逃亡するので
小分けにして、さらにバラして入れてあります。

大きな塊を咥えて食べるポリプテルス
大きさは関係なく、小さい口でゆっくり食べるディスカス
そんな光景です。


6月14日早朝
ラミレジィが2度目の産卵です。
ラム産卵二度目の卵

今回はオスが守っているのです!
って。。。撮影しようとすると餌だと勘違いして寄ってくるため
卵を守るオスの画像は撮影出来ません(笑)

今回は孵化直後の稚魚ってやつを凝視して発見するのが目標!
あと、メスを隔離してみる。(前回の失敗からの実験)

↓こちらはようやくタブを食べるようになったパラオトシン君。
タブ食べたー

まー、色々写っているのでどれがパラオトシン君かは・・・
わかる人だけわかって下さい。

↓赤ランケちゃんも元気です。
赤ランケちゃん

餌の匂いには敏感なくせに、ソイルとタブの区別がつかず
一生懸命ソイルばかりを舐めています。
ちょっと心配。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。