ブロっコリ! 
aquamind charm  ブログランキング・にほんブログ村へ
コリドラスから始まった熱帯魚飼育! ナマズの仲間からレッドビー、ポリプテルスにディスカス・・ 可愛いと思ったら連れてくる!飼ってみる。 飼ってみて解るその魅力の断片をネタにしています。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムニエル君
2006年12月08日 (金) 06:42 * 編集
今日は休みでショップ巡りぃ

最後のショップでお連れしたんだけど・・・

実は全ての会計を終えてから店を出て
車に乗り込む手前でもう一度戻ってお連れしたんです。

自分はショップに行くとほぼ全ての水槽の生体を見て回るんですけど
ガラスに書いてある名前とかを見るよりも
生体を見る感じなの。
だから、隠れてたり砂に潜ってたりすると・・・
いるのに気付かなかったりする(笑)

今回も気付かず店を出て
ショップの入荷情報を前日にチェックしたのを思い出し・・・
そういえば!!と戻った次第です。

お連れした時にもう名前を決めちゃいました。
「ムニエル君」です。

だってそれしか思い浮かばないじゃない?
こいつの調理法(笑)↓
むにえる01

↑「淡水舌平目」です。

砂に潜るのがデフォなお魚。
なので水合わせ前にプラケで記念撮影です。

淡水カレイとか北米淡水カレイとか。。。
お連れしたい気持ちはあったんですけど
どうもタイミングが合わずにチャンスを逃しておりました。

むにえる02

今回はナイフ水槽の混泳実験!
ってか砂を底床材に使用している水槽で適当なのがここしか今ないのですけど
餌が回らないとか、大きくなっちゃったとか
そんな時には別水槽に引越しさせます。

水槽に入れると、しばらくはガラス面に張り付いてみたりしましたが
今はもう砂から出てきません。

うちにはもう1匹
砂に潜ったまま出てこないお魚がいるんですけど
こちらのブログではまだ紹介していないんですよねぇ
(だって写真が撮れないから)
生きてるのかなぁ。。。バンジョーキャット
スポンサーサイト
ドンコ
2006年12月07日 (木) 05:15 * 編集
先日ヨシノボリのヨッスィーが勝手に引っ越してしまったため
アフリカン・ナイフ水槽が再び単独使用に・・・
そこでこの子達に移動の辞令を出しました。

↓うちのドンコです。
donko01

ウソです。
マーブル・スリーパー・ゴビーです。
でもうちでは「ドンコ」と呼ばれています。
なんとなく写真で見たドンコに似てるから。。。
ドンコ飼った事ないけどw

ハゼの仲間なんですけど、あまり動きません。
底でゴロっと転がっていることが多いです。
あとはウキゴリのように水中で停止して漂っていることもあります。
donko02

大小2匹いるんですけど、お互いに干渉しません。
でもヒメダカサイズの小魚は食べてしまいます。
冷凍赤虫のブロックを半解凍で投入すると
丸ごと頬張ってしまうくらい大食漢です。

小型魚とは混泳出来ないけど、相手が口に入らないサイズなら
悪さをしないので邪魔にならず可愛い奴です。
迫力のある顔と太さのある体・・・
コロコロと体色を変える保護色チックなマーブル模様
人を怖がらず、手でも掬えるドン臭さ
実は微妙にオススメ(笑)
頭がデカイっ
2006年10月27日 (金) 01:08 * 編集
先日お連れした「ゼブラ・オトシン」君。
とりあえず元気に餌など食べてくれています。
食べているのは「SOU」です。
ebitaさんの作ったエビ用の餌だけど、オトシン達にも人気!
食べてるのはSOU

コケ取りしなくていいからね! と優遇されているのがうちのオトシン達っす。


さて、今日は「ナマズ」ちゃん!
なまず01

可愛い顔してたので先週目をつけていた子です。
変顔

目の位置が「クジラ」みたいで「変顔」です。
クジラ似だけど「イルカ」という名前がついていたり・・・・
ビッグヘッドなんよ

頭がデカイので「ビックヘッド」と名前についていたり
模様が豹柄っていうか「レオパード」ってついていたり
で、ナマズだから「キャット」と締めくくったり。

それらを色々と混ぜて並べた名前が
「ビッグヘッド・レオパード・ドルフィンキャット」!!
直訳すると
「大きな頭の豹柄のイルカっぽいナマズ」
口もデカイんよ

ビッグヘッドなのでお口も大きい!
大きい口のナマズってナマズらしくて素敵♪

店員さんに
「こいつ、餌は何やってんの?」
「小赤っすね」
「へっ!?そんな大きな魚食べちゃうの?まだ小さいのに!」
「ええ。平気で食べます」
「キャット(ひかりクレストの餌)は食べる?」
「いや、試したことないですけど・・慣らせば食べるかと」
「ふーん。。。じゃ小赤も20匹ちょうだい」
「わかりましたー」
「あ、あとネオンテトラも50匹」

そんなこんなで餌とはいえ・・・
「初金魚!」「初ネオンテトラ!」

ポリプテルス4匹のうち
エンドリケリィとデルヘジィは小赤を食べられるサイズになっているし・・
と、試しに買ってみました。

水合わせ前のドルフィンキャットにも1匹試しに入れてみると・・
3.5cmはあるであろう小赤を軽く一飲みでした。
小赤in

↑もうお腹の中です。
(最初の画像と比較下さい)

ネオンテトラは「リーフフィッシュ」用です。
ヒメダカでも良いのですが・・・
どうもコリ水槽にヒメダカがワラワラしていると似合わないっていうか
多少は華やかな「餌に見えない」雰囲気が欲しかったから。

実験的に他の水槽にもネオン(Sサイズ)を入れてみましたが
「ハゼ、タティア水槽」→食べられてしまう
「60混泳水槽」→エンゼルが食べてしまう
「おまつマウス水槽」→マウスが食べてしまう
「ドンガ水槽」→大丈夫
「60コリ水槽」→もちろんリーフフィッシュが食べる
「ペルマト水槽」→大丈夫
「イモリ水槽」→水温的に無理なので却下
「ウーパー水槽」→水温激低なので却下
「カエルプラケ」→入れてないけど入れたら食べるに決まってる
「ポリプ水槽」→おやつにもならないので却下
「ディスカス水槽」→多分食べちゃうかも(産卵中にて却下)
「エビ水槽」→入れないよーん
「フグ水槽」→間違いなく食べる。勿体ないから却下
「ベタ水槽」→食べてはいないが激しく追い回している
「グッピー水槽」→稚魚がいるので入れない。

そんな感じです。
安心してネオンを飼える水槽は2つしかない事が判明しました(笑)
友達が出来たの
2006年09月22日 (金) 00:10 * 編集
沖縄旅行に新宿オフ会と
日頃より仲良くしていただいているpuku家より里子ちゃんが届きました!
puku家からの里子ちゃん

うちの独りぼっちなクラウンローチのお相手!
ロンリーゆえに過食に走り、巨大化の道を進む我が家のクラウンを救うべく
救世主としてのお迎えです!

今まで、友達と呼べる仲間も出来ず
チキチキダンズも、ヒレタッチも・・・する相手がいなかったけど・・
まずは挨拶のムギュ

昼寝から覚めたら仲間を発見していきなりの「ムギュ!」で歓迎ですw

この水槽で初めて出来た友達です
初めての友達

ホームセンターの水槽で仲間達と別れ
もう同じクラウンローチ仲間とは会えないと諦めていたかもね

ちょっと大きさは違うけどpuku家のクラウンも実はかなり大きめ
嬉しいチキチキ

ショップに売っているチビサイズの比ではないのです。
チキチキダンスも出来るので喜んでますよぉー

尾びれで相手の存在を確かめて悦に浸る通称「ヒレタッチ」
憧れのヒレタッチ

憧れのヒレタッチも出来てご満悦の様子!

そしてもう1匹もリクエストしたお魚が!
バームクーヘン

ボティア・ストリアータ(愛称:バームクーヘン)
細かい横縞模様から「バームクーヘン」と呼ばれるボティアです。
水槽内を探検しながら、住民に挨拶をして回っています。
人見知りしないのでみんなと仲良くしてくれるでしょう!

この渋いラムズホーンも一緒に送って頂きました。
ブルーラムズホーン

「ブルーラムズホーン」と呼ばれる改良種の貝です。
どこか古代チックなレトロな色合いが個性的です。

ショップよりも丁寧な梱包で元気に届いた里子ちゃん!
pukuさん&だーちゃん、ありがとーーー!
クマノミのお土産と赤いグッピー
2006年09月01日 (金) 01:10 * 編集
ブログ「熱帯・・・ぎょ!?」の「セクターさん」からのお土産が届きましたぁ
お土産ストラップ

伊勢志摩の旅行で鳥羽水族館に行かれた際のお土産
フグとか色々あったんだけど、自分が選んだのがこれ!
カクレクマノミのステンドグラス調ストラップ。

淡水やってる人間が何故??
ふふ。。。来年は海水に手を出す計画なのです。
イソギンチャクとクマノミ
ハゼとエビの共生・・・やってみたい!!
という事で、このストラップを見ては
「来年は海水やるぞぉー」と誓うのでした。

セクターさん、ありがとう!!

今日は暑い中、ショップに行ってきました。
水作のフリーペーパーを貰いに・・・ってのが目的だったのですが
あいにくそのショップにはまだ問屋が持ってきていませんでした。

で、今日「連れてってぇー」と語りかけてきたのがこの魚。
フルレッド オス

なぜか。。。。普通にグッピーなんですけど・・・・
グッピーなんて飼うの2年ぶり?くらいかも。

「フルレッド スピアーテール」という名前で売っていました。
↑上がオスね。 で↓下がメス。
フルレッド メス

なんでこのペアが語りかけてきたのかは疑問ですが
きっと昨日、水槽内をヒメダカの稚魚が泳いでいたのを発見!
なんだか自然に孵化した稚魚に感動して・・
たまにはグッピーの稚魚が見たいと思っていたのかもしれませんね。

まだ若魚ですが、どうやら妊婦さんです。
ショップの水槽に稚魚が1匹泳いでいましたから
「この稚魚、このメスが産仔したの!?」と聞いてみると
「ええ。仔の数はとても少なかったですけど」
とのこと。
グッピーは一度の交尾で何度か妊娠するのです。
って事は現在も妊娠中の可能性大。
なんだか「幼妻」って感じ。

今は適当な水槽がないので漏れエビ水槽で泳いでもらっています。
ペアで

あまり遊泳性がなく、水面近くでホバリングしていますけど
慣れたら泳ぐのかなぁ?


そうそう
今日のショップでの会話
若い女の子が来ていて店員さんと談笑して出ていった後
「今の女の子、見た事ありません?」
「へっ?知らない・・」
「自分の学校の生徒だったんですけどね、今かねだ○で働いてるんですよ」
(専門学校で先生してショップで手伝いしてる例の先生ね)
「あ、市原のね・・・俺が行った時はもっと丸い店員しかいなかったけどねw」
「自分の働いている店の生体は怖くて買えない!と言ってうちで買ってったんですw」

・・・か、悲しいな・・・・
小型魚(クボタイ)とか並オトシンを買っていったYO・・・



* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。